Top
手作りマヨネーズ。

e0181891_13423524.jpg

手作りマヨネーズとブロッコリー。

今月のレッスンで手作りマヨネーズを教わりました。
いやぁ、おいしい。すっごくおいしい。
ハンドブレンダー(わたしはクイジナート製を使ってます)であっという間。
オットも、おいしい!と驚いていました。

一緒にフレンチドレッシングも教わり(これがまためちゃくちゃおいしい)
シンプルなポテトサラダに仕上げました。
そうか!!こういうことだったのか!!というコツを教えていただき、
下ごしらえの大切さを改めて感じました。


マヨネーズ、オーブン焼きにも使おう♪


☆晩ごはん覚え書き

金曜日
・ミートーソース&明太子パスタ。
最近こればっかり。気に入ってるのでしばらく続きます(笑)
Cpicon たっぷりたらこパスタ! by chikap-1
たらこや明太子はたっぷり使うほうがおいしいです。

土曜日
・ブイヤベース@ちかP風
・ほうれん草とおいしいサラミの炒め物
・シンプルポテトサラダ(手作りマヨ&ドレッシングの)
・納豆、漬物

ブイヤベースは生タラ、海老、ホタテ、アサリなど
その時ある魚介をたっぷり使ってサフラン風味で煮込みます。
スペインの漁師風煮込みを以前レッスンで教わったのをヒントに作る好きなおかず。
こういう魚介の煮込みは絶対に貝を入れたほうがいいですね。
我が家ではバターで炒めて酒蒸ししたあさりを入れることがほとんど。
こういうのも長年のレッスンで教わってきたヒントのひとつです。
昨日はキャベツや人参などの野菜も使いました。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

クオカ/cuoca

日々の‘好き’をつぶやき中!
http://twitter.com/chikap11



冬サク2話を見ながら。

オット「何で今井美樹なんだろ?子どもいるとか生活感があんまないんだよなぁー」
わたし「この年代で他に合いそうな人いないじゃん。」
オット「山口智子は?ちょっと明るすぎるか」
わたし「華がありすぎるよ」
オット「じゃ木村多江とか・・・幸薄そうな感じだし」
わたし「あの人は脇で生きる人でしょ!」
注:主演映画「ぐるりのこと」よかったです。そしてまだ30代ですよね^^;
オット「つよぽんはさー、こういう役じゃない方がいいよ。コメディーとかやればいいのに。」
わたし「そうねぇ~、、ちょ!ブラック高嶋、つよぽんの写真、刺したよ!!目打ちで目を!!コワッ!」
オット「なんで目打ちなんだよ」

以上、不毛な会話。

あとで確認したら、目打ちじゃなくてペンだった^^;


冬サクの祐・・・わるくはない。
ただ、喜怒哀楽をもう少し前面に出す感じや
(近いところでは99年愛の長吉&一郎、ある意味、僕妻のサクもそうかな)
ブラックな部分を持ってる役柄(任侠の彦一、僕彼の徹朗、恋おちの島男)・・・
そういうほうが、よりつよぽんの良さが生きるんじゃないかなぁと思ってます。
う~ん。わたしはそうだけど、感じ方はいろいろですよね。
ストーリーそのものの好みもありますし。

たとえば僕の生きる道、とてもよいドラマだと思うんですが、
台詞が若干棒読みに思える部分があったり、
このころはまだ・・・今ほどには、役そのものが生きてるように感じないというか
これは他の誰にもできない、と確信がもてないというか。。
オットはね、つよぽんがこういう役やると、
ほんとに見ててツラいから見られないと言うんです。
役者としてはすごいこと。視聴者にそこまで思わせるんだもん。

では祐は??
役柄そのものやストーリーはそれほど好きな感じではなくても、
他に誰ができる?と思うと、やっぱつよぽんしかいないよなーと思うんですよね。

1話の、萌奈美とのソファーでのシーン。
あれはもうもう~~~ 台詞ナシでここまで伝えるのか!!とグッときましたよ。
今日はいよいよ第3話、高嶋さんこわ~~


つよぽんの主演作品の中からひとつご紹介。
途中は見ててとても辛く涙が溢れながらも、最後はその成功に胸がいっぱいになるドラマ。
海峡を渡るバイオリン。
「東洋のストラディバリ」と呼ばれるバイオリン製作職人の陳昌鉉の半生を描いた作品です。
途中の、狂気のような、製作に没頭する姿など、、、
これこそ、他の誰にもできないのではと思うほど。
2004年 日本文化庁芸術祭優秀賞受賞作品です。


でもやっぱ一番はこれかなー。
ドラマとして、本当にすばらしい。
ファンの贔屓目ではなく、一見の価値アリ、です。
任侠ヘルパー

数々の主演ドラマの中で、やっぱりもうコレはダントツのよさ。
ドラマそのものが、本当に素晴らしい出来だと思う。
‘介護’にまつわる様々な問題を、人間模様を通してきっちりと見せる。
任侠と介護というありえない設定を通して、現実の問題を正面からとらえてる。
登場人物が皆生き生きとしていて、ずしんと重いテーマでありながら軽快ですらある!

およそ草なぎ剛のパブリックイメージとは程遠いような、翼彦一。
日頃のイメージのかけらもない、その男っぷりも必見!(過去記事より抜粋)
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2011-01-30 14:09 | ごはん | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/14083744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【キャラメルナッツケーキ!】 | ページトップ | 【スフレ・オ・ショコラ!】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin