Top
こんなときだからこそ。4回目の僕と妻の1778の物語のこと。

e0181891_1002240.jpg

僕と妻の1778の物語。
パンフレットの表紙。大好きなシーンです。

こんなときに??
こんなときだからこそ、大好きな映画のお話を。
ほんとは週末にアップしようと準備してたもの。
観てきたのは4日の金曜日。ずいぶん日がたってしまったけど。そのままアップします。
その後は電源落として節電、節電。


   *   *   *

4日金曜日、これで最後、と見てきました。

‘一番後ろの、真ん中で見よう’ そう決めて。


他には3~4人端っこにいるだけで、もう本当に、わたしだけの映画館。
最後列ど真ん中で見てるわたしだけに上映されてる、
僕と妻の1778の物語。そんな気分。



大切な人がいなくなるときって、人はどんな気持ちになるのかな。

父を看取ったのは母ひとり。
わたしと弟は間に合わなかった。

母はどんな風だったんだろう。
サクみたいに、、、あんな感じだったんじゃないかなってふと思いました。
そのときのことは聞いたことがないし、これからも聞こうとは思わない。
父と母の、二人だけの時間だったと思うから。


幸せで、悲しくて、とてもあたたかい不思議な映画。
自分自身の気持ちがささくれ立っているようなときには、
それをそっと撫でてくれるような映画です。


「サクはねぇ。夢を見せてくれるの。」


せっちゃんの言葉。
わたしにとって僕妻は、そんな映画だったのかもしれません。



ランキングに参加しています。応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

クオカ/cuoca

日々の‘好き’をつぶやき中!
http://twitter.com/chikap11






タンタンタンタンタンタタタンタン♪
タンタンタンタンタンタタタンタン♪

アコーディオンの音色みたいなそのメロディーがぴったりの、夢見がちなサク。
しっかり者のせっちゃんが、そっと支えている。

前回も同じようなことを書いたかもしれませんが、
そのイメージが、せっちゃんが弱っていくにしたがって逆転していくようにも見える。
少しずつ、いろんなことができなくなってゆくせっちゃん。
車椅子から落ちちゃったせっちゃんを抱いて頭をなでるサク。
原稿が持てなくなったせっちゃんに大きな声で読み聞かせるサク。
このあたり、ずっと支えてくれたせっちゃんを、
本当に大きく、やさしく、いとおしく、包み込んでいっているように思えるんですよね。
(もちろん毎日1話を書くことでせっちゃんに変らずサクも支えられているのだけれど)

笑っている二人が好き。
病気がわかる前も、わかった後も。

すき焼きのシーン。
旅行に行こう!と車椅子を押して走るシーン。
本当に楽しそうに、声を上げて笑いあう二人。

旅行の、大きな木のシーンは何度見ても胸がいっぱいになってしまう。
パラレルワールドでも・・・ 
やっぱりせっちゃんを見つけて、一緒に暮らすよ。
*このシーン、モデルみたいな結子ちゃんと、めちゃくちゃSMAPな剛くんがカッコよすぎる!!
長くは続かない今を、そっといとおしむように寄り添う二人がたまらない。

いろいろ思い出してきてまた長くなりそうなのでこの辺で。


今回ハッ!と初めて感じたのは、最後の1778話を書くところ。
せっちゃん(の空気が)サクを包んでいるように見えたんです。
あぁ、こうしてせっちゃんをどこかでいつも感じながら、
サクはずっと書き、生きてゆくんだろうと。

そうそう、その最終話。
せっちゃんへ。パラレルワールド・・・ って書いてるのはわかるんだけど
その先は目に涙がいっぱいたまってペン先を追えない(汗)


素敵な映画、ありがとう。
また、DVDで会える日を楽しみに。



以下おまけ。

最後と思ってみたのでつよちの顔もガン見しました(笑)

顔ももちろんですが、声が本当にいいと思いました。
うっわ、ゾクゾクする。。。と。案外低音だな、とか、耳あたりがすごくいいなとか。

顔はねぇ。最初の空を見上げるアップ。ここイイ。好き。
さらに男前と思うのは集金人のとこ。
ついついタコヒナタさん(小日向さん)に目を奪われてしまうのですが(笑)
このシーンはずっと、めちゃくちゃいい顔!!男前すぎる!!!
なんて美しい顔なんだ~

全体的にきっちりとボタンを留めたシャツで、清潔感があるのがよりそう思わせます。
姿勢がよくて、端整な顔立ちが際立って。
といいつつ、アルバムをみんなで見るシーンの、
ランニング(って古いな^^;)でうちわ持ってる写真。あれも好きです(笑)
無精ひげ姿もかなりのツボです。


あと、せっちゃんが虫垂炎で手術するといって病院に行き、
それを待ってるところ。長椅子に座っておじいさんがモップで掃除しにくるとこ。
あのときの顔が、なんだか小林薫さんの若い頃ににてるんだよねー なんでかな?

あとあるロボットが、嵐の大野くんに見えて仕方がない・・・
知識屋も大野くんに似てるんだけど、
サクの部屋に並んでるあるロボットが、わたしの目にはすごーく似てるように見えるんです~~

と、結局長くなってしまいました(汗)


以上、書いておいた内容そのままです。
こんなときだからこそ、好きなことに夢中になって
出来ることを淡々とやっていく。。。 それも大事なこと。
小さくてもできることをやっていこうと思っています。
と書いてるそばから大きな余震が(汗)
慌てず、冷静に。コレ重要!!おちついて乗りきるのだ!
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2011-03-14 10:14 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/14427488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今日も元気に | ページトップ | 計画停電 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin