Top
ジュリー&ジュリアを観ました。



先日観たMeryl StreepとStanley Tucci出演の映画はこれ。

1949年。アメリカ人のジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)は、外交官の夫ポール(スタンリー・トゥッチ)の転勤でパリにやって来る。好奇心旺盛で食べることが大好きなジュリアは、ここでフランス料理に出あい、名門料理学校ル・コルドン・ブルーで学ぶことを決意。持ち前の負けん気と明るい性格を武器に幾多の困難を乗り越え、夫の愛に支えられながらジュリアは学校を卒業する。その後、家庭で誰でも作ることができる524のレシピをまとめた料理本を出版すると、アメリカで大ベストセラーとなる。それをきっかけに料理番組に出演したジュリアは、身長185cmでかん高い声、本番中に失敗しても気にしない大らかなキャラクター、そして「ボナペティ!(召しあがれ)」という決まり文句で国民的大人気となっていった……。50年後の現代ニューヨーク。作家になる夢に破れ、派遣社員として働くOLのジュリー・パウエル(エイミー・アダムス)は、冴えない毎日を過ごしていた。ある日、料理が大好きな彼女は、幼い頃から憧れていた料理研究家ジュリア・チャイルドの524レシピを365日で作り、それを毎日ブログに綴ることを思いつく。それは、自らの人生を変えたいという焦りから始めた無謀な挑戦であったが、試行錯誤を繰り返し、悪戦苦闘するジュリーのブログは、いつしか大評判になっていく……。
goo映画より

現代と過去の同時進行。
印象的だったのは、二人を見守る夫の姿。

こうしたい、という気持ち従って迷わず行動する姿。
目標を遂げるために、困難がありながらも奮闘する姿。
後味のよい、気持ちのよい映画でした。
なんかこう、前向きな気持ちになれる映画っていいなぁって思いますね。







秋から製菓学校の通信講座を受講することに決めました。
今の、そしてこれからのわたしにとって必要な勉強はこれだな、と。
課題の量も多いし、週末の休みだけで果たしてできるんだろうかと正直不安もあります。
他の事を我慢して課題を優先せざるを得ないかもしれないし、
映画の中のジュリーみたいに失敗してやけっぱちになって
オットに当り散らしたりすることがあるかもしれない(笑)
でも、やり遂げた先にはきっと新しい世界が広がると信じています。


長年の間、お菓子だけでなく料理もパンも教わってきたお教室を
先月からお休みさせていただいています。
成長した姿を先生に見てもらえるようにしっかり勉強するんだと
映画を通して決心をあらたにしたのでした。


う~ん、映画って本当にいいものですね~

このあとは剛くん誕生日記念僕妻祭り開催予定!
・・・なのですが、DVDがまだ到着してない。そろそろかなー




*おまけのご連絡
ブログの内容とはおよそかけ離れたことばかりつぶやいているツイッター、
リンクを記事内ではないところに移動しました。
サイドバーにちっちゃく^^



ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

クオカ/cuoca

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2011-07-09 16:11 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/15088498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< まるぱん!~まるぱん同好会~ | ページトップ | 【さくらんぼ!】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin