Top
Down with love を見ました。

e0181891_1383159.jpg1962年のニューヨーク。恋愛を否定する女性のための指南書で文壇にデビューを飾った新進作家のバーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)は、本の宣伝のため、超プレイボーイのジャーナリスト、キャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)にカバー・ストーリーを書いてもらおうと画策する。ところがキャッチャーは、スチュワーデスとのデートに夢中で取材をすっぽかしてばかり。そんな時、バーバラの本に人気の火がつき、世界的なベストセラーに。一躍時の人になった彼女は、テレビでキャッチャーを名指しで批判。逆上した彼は、バーバラの主張を台無しにするため彼女を恋に落とさせようと、NASAの宇宙飛行士を偽ってバーバラに接近することに・・・goo映画より


ユアン映画まだ行きます。
Down with love 邦題「恋は邪魔者」

最後はどんでん返しあり?のラブコメです。
仕返ししようと必死なプレイボーイ役がなかなかのユアン。
結構笑える場面いっぱい。カメラワークでもププッって笑えたり。
60年代のファッションなども楽しめますし、昔っぽいオシャレなラブコメという雰囲気です。
サラッと見るのにちょうど良い加減。
レニーってブリジットジョーンズの人なんだね。(←見てない人)



昨日のスケート・・・
大ちゃんの演技は途中から涙が出てしまいました。
心を掴まれて途中から苦しくなるほどの演技。素晴らしかった。
そしてあっこちゃんの優勝。本当におめでとう。
軽やかに氷上を舞う姿、大好きです。
そして真央ちゃんも。今できる一番の演技、それができて本当によかった。
さーて、男子フリーがこれから始まります。
大ちゃんは4Fを入れる予定ですね。
魂の演技、きっと見せてくれることでしょう。



ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2011-11-13 13:10 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/16697421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< A LIFE LESS ORD... | ページトップ | ムーランルージュを観ました >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin