Top
マネーボールを観ました


e0181891_15161083.jpg
メジャー経験のあるプロ野球選手から球団のフロントに転身するという珍しいキャリアを持つビリー・ビーン(ブラッド・ピット)。風変わりで短気なその性格は、若くしてアスレチックスのゼネラルマネージャーになってからも変わらなかった。自分のチームの試合も観なければ、腹が立つと人や物に当り散らすという、癖のあるマネジメントを強行。そんな変わりダネが経営するアスレチックスは弱かった。しかも、貧乏球団のため、優秀で年俸の高い選手は雇えない。チームの低迷は永遠かと思われ、ワールド・チャンピオンの夢はほど遠かった。だが、野球経験はないものの、データ分析が得意なピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)という球界の異分子と出会ったことで、風向きが変わり始める。ビリーは後に“マネーボール理論”と呼ばれる“低予算でいかに強いチームを作り上げるか”という独自の理論を実践。だがそれは同時に、野球界の伝統を重んじる古株のスカウトマンだけでなく、選手やアート・ハウ監督(フィリップ・シーモア・ホフマン)らの反発を生み、チーム状況が悪化。それでも強引に独自のマネジメントを進めてゆく。その揺るぎない信念は、徐々にチームに勝利をもたらし、誰も想像しなかった奇跡が……。球界はビリーの手腕を認め、周囲からの信頼も次第に回復。そしてある日とんでもないオファーが飛び込んでくる。しかし、そこで重大なことに気づいたビリーは、意外な行動に出る……。goo映画より


ずいぶん日にちがたってしまいましたが(汗)先月マネーボールを観ました。
良い映画と思いますが、ヒャッホー!すっげ-良かった~~ん!っていうほどでは・・・
これは好みの問題ですね。
実話だから結構淡々と進むんですよ。ラストも予想できますし。
私の場合、この‘ラストがわかる。淡々と’ってのが基本眠くなる原因。

私は元々野球好きですので、日本もおんなじだよな~とか
日本もこのマネーボール理論を生かせないのか?とか野球界の裏側を垣間見るのは興味深いところ。
長年のやり方を変えるというのは本当に大変なこと。これは野球界に限らず企業でも同じ。
変化を恐れる人が圧倒的に多い。どこの世界でも謳い文句はちがったって
保守的、出る杭は打つところがほとんどでは?(すくなくとも私はそう感じている)
杭になるのなら負けない覚悟と強靭な意思が必要。
さらには絶対にそれをやりとげ、成果をあげる必要がある。(これが一番大事)
それがまさにブラッド・ピット演じるビリーなのです。
ラストの選択は、あぁよかったと思えます。
違ってたら結局カネかよ!と思っちゃうもんね。

ブラピのお父さん姿は、なんだかよかったなー
そういうのが似合う年齢になったんだなってね。


今月上映開始の見たい映画
・50/50
・ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
・リアル・スティール
・宇宙人ポール(公開は今月だけどうちの近くの映画館は1月から)



ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2011-12-04 15:18 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/17006888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【スフレチーズケーキ!】 | ページトップ | 【山角さんのシュトーレン】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin