Top
永遠の僕たち(原題 Restless)を観ました。


e0181891_1712933.jpg


イーノック(ヘンリー・ホッパー)は、自動車事故で両親を亡くして以来、生きることを諦めてしまった少年。見知らぬ人の葬儀に、遺族のふりをして参列することが彼の趣味だった。ある時、いつものように葬儀に参列していると、係員から問い詰められてしまう。窮地を救ってくれたのは、以前、別の葬儀で出会った少女アナベル(ミア・ワシコウスカ)。この再会で2人は互いに心を開き始める。イーノックは、事故の際の臨死体験をきっかけに、ヒロシ(加瀬亮)という第二次世界大戦で戦死した特攻隊員の幽霊が見えるようになっていた。家では、叔母とうまくいかず、ヒロシと遊んで過ごす時間が多かった。ある日、彼は再会したアナベルを両親が眠る墓地に案内する。帰宅後、イーノックのことを姉のエリザベス(シュイラー・フィスク)に嬉しそうに話すアナベル。そんな彼女の明るい表情に、エリザベスは心を軽くする。実はアナベルは、ガンの闘病中だったのだ。しかも、定期健診によって、一時収まっていたガンが再発していることが明らかになる。自分の余命が3カ月であることをイーノックに打ち明けるアナベル。イーノックは、彼女にヒロシの存在と両親を失った事故の経験を告白する。やがて、自分の葬儀を自分でプロデュースしたいと告白したアナベルに、イーノックはその準備を手伝うと約束する。goo映画より


永遠の僕たち(原題 Restless)を観ました。

かわいく、悲しく、とても美しい映画でした。
瑞々しいというのは、こういう映画のことを言うのではないでしょうか。

死に囚われる少年
死を受け入れる少女
死んでしまった特攻隊員・・・
その3人を軸に

生きるとは?
死ぬとは?
愛するとは?
観ているわたしに問いかけます。

イーノックとアナベルが互いに惹かれあっていく姿は
誰もが通ってきた若い頃のことのよう。
この二人、とっても魅力的なんです。
死が迫っているのとは対照的に明るく生き生きとしたアナベルは本当にかわいく、
アナベルに閉ざした心を開いていくイーノックの透明感はドキドキするほど。

自分の葬儀についてこんなふうに、というアナベルに賛同しながら
いざその時が近づくと取り乱すイーノック。
そんなイーノックですが、ラストシーン・・・アナベルの葬儀での表情。
ジンとして、さわやかな気持ちになります。

大作もいいけど、こういう映画も好きだな、と実感。

イーノック役のヘンリー・ホッパーはこれが映画デビュー作なんだそう。
これから売れていくんじゃないかなぁ。
そうそう、重要な役どころの加瀬亮さんもとてもよかったです。

予告



ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2011-12-23 17:19 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/17107584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Long Way Round... | ページトップ | 寒いときには甘酒。 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin