Top
リアル・スティールを観ました。


e0181891_1531361.jpg


チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)はかつて将来を嘱望された期待のボクサーだった。チャンピオンを目指してトレーニングに打ち込んできたものの、時代は高性能のロボットたちが死闘を繰り広げる“ロボット格闘技”の時代に突入。もはや人間のボクサーは生きる場所を失い、チャーリーは人生の敗残者も同然だった。辛うじてロボット格闘技のプロモーターとして生計を立てているものの、乏しい資金力で手に入れられるロボットは、リングの上であっという間にスクラップ状態。人生のどん底にも関わらず、さらなる災難がチャーリーに舞い込んでくる。赤ん坊の時に別れたきりの息子マックス(ダコタ・ゴヨ)が最愛の母を亡くして、11歳になった今、初めて彼の前に現れたのだ。だが、マックスは、そう簡単にチャーリーに心を開くはずもなく、親子関係は最悪の状態。そんなある日、2人はゴミ捨て場でスクラップ同然の旧式ロボット“ATOM”を発見する。それが、彼らの人生に奇跡を巻き起こす“運命の出会い”であることに、チャーリーもマックスもまだ気づいていなかった……。goo映画より

リアル・スティールを観ました。
ずっと離れていてもそうでなくても、父と息子ってこういうもんなんじゃないかなぁと。
お互いへの気持ちを言葉や態度であらわしにくい関係っていうのかな。
母と娘や母と息子の関係とはちょっとちがうと思ってます。(私は弟がいるので)
ヒュー・ジャックマンのダメ父さんぶりも憎々しいくらいだし(笑)
ダコタ・ゴヨはかわいいし、楽しめる映画だと思います。

ってなんとなく私は楽しめなかったみたいな書き方ですよね(汗)
面白かったですよ。先は読めるけど飽きさせないし。
ただ、私がそもそも格闘技に興味が薄いのです。
ケンカとか理由があってのことじゃない殴り合いとか・・・ちょっとニガテ。
殴り合いとか、いくらロボット同士とはいってもすっごい体に力が入っちゃって。
格闘技が好きなら、もっと楽しめると思う。
お父さんと息子が一緒に見に行ったりしたら、言葉に出来ないいろんなことを感じられるかも。

最後に戦うゼウスってロボット・・・
動かしてるのが超わるそうなアジア系の人なの。(知らない俳優さん)

でもって出てくるロボットに極悪男子って書いてあるとか、ちょっと笑えました。




ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2012-01-15 15:49 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/17221488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【いちごのデコレーションケーキ!】 | ページトップ | 【いせとつさんの吹き寄せクッキ... >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin