Top
舞台 寿歌(ほぎうた)を観ました

e0181891_16352820.jpg


シス・カンパニー公演「寿歌(ほぎうた)」を観ました。


絶望を当然として受け止め、その中で笑い、娯楽を探し生きてゆく。
時にはそれが死をもたらすこともある、神の存在とは。

核戦争によって廃墟となった、未だ核爆弾が空中を飛び交う荒野での物語です。
ストーリーはあってないような・・・
観る人によっていろんな風に感じることができるものだと思いました。

噛みくだいて感じるには1度の観劇では難しいのだけれど(私には)
3人の俳優が演じる姿をそのままに楽しめばよいのだ、と。
暗くなりがちな舞台背景にもかかわらず、笑い声が起きる場面も多々。
戸田さんてこんな表情だっけ、とか
堤さんはどんなところでも懐が広い俳優さんだな、とか
初めてみる橋本さんの熱い雰囲気に圧倒されたり。
演者の息づかいを間近で感じる久しぶりの観劇。やっぱりいいものだなぁと思った時間です。


仕事に忙殺される日が続き、疲れがちっともとれなくて。くさくさする毎日で。
だけど舞台を観にいって、すーっと少し力が抜けたというか。
命の洗濯だなぁってね。思いました。


新国立劇場の小劇場でした。バルコニー席。
運よく舞台にごく近い場所でしたので、とってもよく見えて。
つつみんの腕の血管から口から出た汁(!)まで見えましたよ。
ほんっといい役者さんであり、いい男です、堤さん。

次のシダの群れも観たい。




ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2012-01-22 17:02 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/17255899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【マドレーヌ!】 | ページトップ | 【ダンディーケーキ!】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin