Top
舞台「ぼくに炎の戦車を」を観ました

e0181891_1131724.jpg

1924年、朝鮮、京城からほど近い地方都市の古めかしい城門の前。城門の彼方から聞こえてくるサムルノリの心躍る音が秋空に響いている……。令旗を先頭に、鮮やかな民族衣装と頭には白い長い紐が結えつけられているコクトゥセ(頭領)の高大石【キム・ウンス】、カヨル(演者)の李淳雨【チャ・スンウォン】ら男寺党(ナムサダン・放浪芸の集団)がやってくる。そこへ盗んだ風呂敷包みを抱えた男と、それを追って駆けてくる柳原直輝【草彅剛】。とっさにその男を捕まえた淳雨だったが男は風呂敷包みを落とし、直輝が大切にしていた白磁の茶碗を割ってしまう。犯人を捕まえた感謝ではなく白磁を割った淳雨を責める直輝。しかし淳雨はなぜか怒る気になれず、むしろ直輝に興味を抱くのであった。
数日後、京城近郊の直輝が勤める学校の教室へ松代【広末涼子】が兄・直輝を案じてお弁当を持ってくる。直輝は松代の夫・大村清彦【香川照之】のことを、松代を愛していない守銭奴だと罵り別れろと諭すが、松代は深く清彦を愛しており一向に耳を貸さない。そこへ先日のお詫びに直輝を訪ねて淳雨が現れる。直輝は朝鮮を、そして朝鮮文化を、朝鮮の人々を愛していると伝える。その想いに胸を打たれ、直輝の想いを素直に受け止めた淳雨と直輝の間には友情が芽生えるのだった。
場所は変わり京城の歓楽街。清彦が経営するナイトクラブ「不夜城」へ泥酔した息子の明彦【高田翔】がやってくる。母と自分を棄てた清彦を恨み、非人道的な政治(統治)を恨み、そして義母・松代への思慕も断ち切れず、自分を持て余し酒に頼る明彦。様々な人々が集い陽気な歌とダンスが披露される最中、裏口では大石にお金を渡しながら親しげに話す清彦がいた。実は生まれてすぐに捨てられた日本人と韓国人のハーフである清彦は、男寺党に拾われ、大石とは幼い頃から共に芸を磨き無二の親友であり心の友であった。民族独立運動の一員という裏の顔を持つ大石に、清彦は資金だけでなく情報提供もしており…
淳雨との出会いで、男寺党の芸の素晴らしさと白磁という朝鮮文化へ益々のめり込んでいく直輝。複雑な過去を持ちやりきれない思いを抱える清彦。事情は聞かずとも、そんな清彦を支えようとする松代。やがて不幸な出来事により直輝との間に再び溝ができてしまう淳雨。そして憲兵に追い詰められていく大石と清彦。それぞれの決断の時は近づいてきていた…
「僕に炎の戦車をよこせ。決して心の戦いをやめないぞ。僕の剣をいたずらに眠らせておくこともしない……」
文化と歴史の波に翻弄されながらそれぞれが選ぶ未来とは…
画像e+、あらすじ赤坂ACTシアター公式サイトより


「ぼくに炎の戦車を」11月10日を観ました。
すばらしい舞台でした。
決して軽いテーマではないから、俳優さんたちと一緒にいろんな気持ちになってしまいました。
仲間、家族、夫婦、恋人・・・危うくも固い関係。
支配する側とされる側、それぞれの国に生き、生きていくために必要な術、感情、反発、もどかしい思い。
国と国との関係でそのあおりを受けるのは、いつの時代も一般の人々。
国同士の対立と国民の感情は必ずしも一致するわけではないしね。

ラストの長い直輝の台詞を噛みしめるように聴いていたら、
涙が溢れて止まらなくなってしまいました。
信念を貫き、自分を信じ、心の中での葛藤に向き合い立ち向かう。
そんな心の中の「炎の戦車」を、わたしも持ち続けたい。


笑いを随所におりこみ、必要以上に重くならず、とても見やすくできていると感じました。
たくさん笑って、涙して、少しも長いと思いませんでしたね。
(上演時間は20分の休憩を挟みトータル3時間半ほど)
厳しいおきてで自らを律しながら生きる男寺党の伝統芸能・・・
事前に特番でそれらがとても難しいことを見ていたので
それを目の前で見るのはとても興奮しますし、楽しいものでした。
チャ・スンウォンさんが挑む綱渡りのシーンは、会場全体が息をのんでいると感じるほど。
大きな体のチャさんが1本の綱の上を進む姿は、迫力があり本当に素敵でしたよ。

俳優陣のことを少し。
広末涼子さんの今回のような演技を見るのは初めてでしたので、新鮮でしたしとてもよく似合っていると思いました。
香川照之さんと息子役の高田翔さんは親子だからこその熱くもどかしいような気持ちを熱演してらして、素晴らしかった。
馬渕英俚可さんと青木崇高さんが印象的でした。お二人とも舞台向きというか、ガンガンこちらに伝わってくるというか。
もっと観ていたいと思いましたね。
草なぎさんはもちろん、素晴らしかったです。演技もさることながら声がよいんですよね。
低く男らしい声でありながらとてもよく通る。
熱く真っ直ぐな直輝という役は、とても似合っている。
草なぎ剛は全然、草食系なんかじゃない。こんなに熱くて負けず嫌いで男気がある男いないもの。
そんな彼が発する台詞だから、胸に響き、涙があふれたのだと思います。






昨日は、端の方ではありましたが1階の6列目という、かなり前方で観ることができました。
素で笑ってるんだなとか、笑いをさそう場面で俳優さん自身は笑いをこらえてるんだな、とか
細かい表情まで見ることができました。
あと、テレビや映画だと台詞いってるのにこっちに背中向けてるってあまりないですよね。
昨日はそんな後姿まで堪能できて、生で観る演劇の良さを感じることもできました。

それから、昨日のチケットは2枚手に入れていました。
これもまたご縁があって、そのうち1枚を千秋楽のチケットと交換していただくことができたのです。
本当に嬉しかったです。ありがとうございました。


次、2回目の観劇時にはどのように進化しているのか、いまからとても楽しみです。


そうそう、柳原直輝のモデルは「柳宗悦」さんです。
キッチンツールでも有名な柳宗理さんのお父さまです。


ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2012-11-11 12:15 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/19191499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【 具沢山のひじきの煮物 】 | ページトップ | 【 ごまぱん!@まるぱん同好会 】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin