Top
任侠ヘルパーをみました


e0181891_102304.jpg

指定暴力団「隼会」を抜け、堅気となった元極道者・翼彦一(草なぎ剛)はコンビニで働きながら細々と暮らしていた。ある日、金に困って強盗に入ってきた元極道の老人・蔦井雄三(堺正章)を見逃したことから刑務所送りになった彼は、獄中で蔦井と再会。元極道であることの生きづらさを感じていた彦一は、出所後、その老人のツテを頼って「極鵬会」組長・朝比奈道俊(宇崎竜童)を訪ね、そこで再び裏の仕事に手を染め始める。その仕事は、老人相手の闇金とその闇金で破産した老人たちを「うみねこの家」という老人介護施設に入れ、生活保護や年金をせしめることだった。なんの設備もなく、悪臭漂う最悪の環境の中で生活する老人たちを見ながら、最初は淡々と仕事をこなしていた彦一だったが、次第に老人を食い物にする状況に苛立ちが募るようになっていく。そして遂に彦一は「うみねこの家」の立て直しを決意。だが、貧困ビジネスを目の敵にする市議会議員・八代照生(香川照之)と、老人を金づるとしか思わず、施設の改善など意に介さない極鵬会が彦一の前に立ちはだかるのだった……。あらすじgoo映画より

ドラマの続編ではないです。
もちろん彦一の過去はドラマからつながってはいます。
住むところも仲間もなく、より一層孤独で粗暴で、
でも弱気を助け強気をくじく任侠道を心の奥底に沈ませている。
そんな彦一を軸に、現実社会に存在しうる老人問題、介護問題、差別、
政治と暴力団との癒着・・・それらを観ている人に考えさせるものでした。

つまるところ、きれいに解決はしないんですよ。これはドラマでもそうでした。
そのあたりを観客にゆだねる、または投げかけるというのでしょうか。
この物語を通して、現実を知る。
彦一、女でひとつで子供を育て母親を介護する葉子、劣悪な施設に放りこまれている老人たち。
それを食い物にする暴力団。
居場所がないとか、自分の置かれた環境に対する疑問をもっていたりだとか、
親が年老いているとか、組織の中では長いものに巻かれなきゃいけないとか、
観客が抱える気持ちによって登場人物それぞれに気持ちを重ねるような映画かもしれない。

誰もが自分自身の任侠道を持っていて、だけどそれを実行できることなんか少なくて
だからこそ、自分の身を捨てる覚悟で己の道を貫く彦一が、とても魅力的なんだろうと思う。
バカで粗暴で、ずるくてせこいのに。ここってとこは少しもブレない。
本当に粋でかっこいい男なんだよね。
男の人が憧れる男っていうのかな?
女にとっても、ちょっとダメなとこがあった方が魅力的なんじゃないかな。

葉子はヤクザの娘だってことで辛い思いをしてきたんだよね。
どうでもいいことや本人とは関係ないことで、差別したりされたりってある。
家族を守るために何でもしなきゃならなくて、
その環境を恨みたいことだってあるかもしれないのに、自分が犠牲になるしかないことだってある。
だって生きていかなきゃなんないんだもの。
そして守らなきゃならないことや人ができたら、手にしているものを捨てる覚悟が必要なことだってある。
あと、年をとって例えば自分がわからなくなったとしても、
それでもその人はその人で、その人でありつづけたいとどっかで思ってるんじゃないかなって感じました。
それぞれの役割や楽しみを見つけていきいきとしていくおじいさんおばあさんをみてそんな風に思いました。

たとえ解決しなくても、意思を何らかのかたちに表すことができたら。
自分の置かれた環境で、生きていく希望を見つけられたら。
自分の居場所を、見つけることができたら。

観終わった後はきっと、そんな風に少しの希望と爽快感を感じると思います。


ツイッターや試写の感想、特に映画関係者の方たちに好評で、
その好評さ加減がかえって心配だったりしたのですが、心配は無用でした。
ぜひたくさんの人に観てもらいたい。オススメの映画です。
草なぎさんの作品だからって人に勧められるものばかりじゃないから。
胸を張って「ぜひ、観て」と言えるのは映画、ドラマ共に「任侠ヘルパー」だけです。
僕シリーズもありますが、私が押すのは断然コレ。
そう、草なぎさんの作品ではあるけれど
「翼彦一」の映画であり、ドラマなのですよね。

1000円のときでいいです。サービスデーでオッケー。
ぜひ劇場でご覧になってみてください。





上演中の舞台でも共演している香川さん。
すごいです。この方が全部持ってってる感じ。
安田成美さんはきれいでかわいくて、だからこそ苦労してる様子が際立ちます。
施設のおじいさんおばあさんも素晴らしくて。
大河内教授、もとい品川徹さんとかね、ほんと上手い。
宇崎竜堂さんのなんともいえない親分っぷりもすごいの。
そう、出てる人みんなすごいの!みんながそこにピタッとはまってるんですよ。
それが一番のすばらしいところです。

私が思わず涙したのは、彦一と成次の場面です。
子分がそう言ってっからよぉ、のところ。
男同士の友情とか仲間意識にものすごく憧れがあるので。

あと草なぎさんファンとしてのツボは、
ラストのヘンな帽子とコート姿です。
片目がギラギラしてて矢吹丈かと思っちゃった!




ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2012-11-21 10:32 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/19245028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アルゴを観ました | ページトップ | 【 筑前煮 】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin