Top
アルゴを観ました

e0181891_15313716.jpg


1979年11月4日、イランの過激派がアメリカ大使館を占拠する。混乱の中6人が脱出しカナダ大使の私邸に逃げ込むが、残った52人の大使館員は人質となる。イラン側は、癌の治療のために渡米した前国王パーレビの引き渡しを要求する。大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッダーにかけていたが、名簿が復元されれば脱出者がばれ、捕まれば処刑される。国務省はCIAに応援を要請し、人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が呼ばれる。トニーは、6人をニセ映画のロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げて出国させるという作戦を閃く。トニーの知人で特殊メイクの第一人者、ジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)は協力を快諾する。チームに参加した大物プロデューサーのレスター(アラン・アーキン)は、自宅で山積みになっているボツ脚本から、イランでの撮影に相応しいSFアドベンチャー『アルゴ』を選び出す。事務所を立ち上げ、大々的な記者発表を開き、本物さながらのプロジェクトが始まる。一方、イランでは200人以上の民兵が空港を監視していた。1980年1月25日、プロデューサー補に扮したトニーはイランへと向かい、文化・イスラム指導省で撮影許可を申請した後、カナダ大使邸に入る。6人は計画に反発するが、それぞれの役柄を暗記する。翌日、ロケハンを許可した指導省が、バザールで担当者と面会するよう要求してくる。トニーは怖気づく大使館員を説得して連れ出し、何とか乗り切る。しかし翌日、トニーの上司オドネル(ブライアン・クランストン)から緊急電話で、計画の中止が告げられる。軍による人質奪還作戦が決定したのだ。航空券は取り消され、ハリウッドの事務所は閉鎖される。トニーは6人に黙ったままホテルに帰る。翌朝、トニーは電話で、6人を出国させると上司に宣言する。しかし作戦の復活には、カーター大統領の承認が必要だった。一方、大使館名簿の復元もあと数分に迫っていた……。 画像映画com. あらすじgoo映画より

「アルゴ」を観ました。

人質救出にニセ映画を使う!?記者発表やスタジオまで!?
これが実話だってことにまず驚きます。
あと、政治的な反発で国民がこんな風に動くことにも。日本では考えられないもの。

面白かったですよ!
実話なので無事6人が出国できたことはわかっていますがすごい緊迫感で。ずっと。
やだ、どうなっちゃうのとか思うんです。成功するのに。
今の日本では起こりえないこと(大使館占拠だとかクーデターだとか)が
実際に起こったんだということに恐怖感があり、
なおさら最後までハラハラして緊迫感に包まれていたのかもしれません。

エンドロールで、実際に救出された6人ご本人たちの写真が出てびっくり。
演じている俳優さんとよく似ていらっしゃるんです!
似てる俳優さんを選んだのかな。そういう面でも楽しめました。

監督兼主役のベン・アフレックがよいです。顔も好き。(そこ)
アメリカ人だけどスコットランド系なのね。そっち系に弱いので。ユアンとか。

最後までドキドキハラハラ、スピード感があって楽しめる映画です!






さてさて。
毎日なんだかんだと出歩いていましたので、
あっという間に連休半分過ぎちゃったなぁとややしょんぼり(笑)
でもでも映画に舞台に、そして明日から始まるフィギュアスケートNHK杯。
大変充実しています!プチ大掃除を済ませたのが大きいわぁ
今日はお菓子の試作をしていました。焼き上げる大きさを変えてみたり
加えるものを変えてみたり。変えてよかったものもあればそうでないものも。
型や大きさを変えると、口に入れた感じも変わります。火の入り方が違いますしね。
今とても気に入っている配合の生地があって。
この生地を元に、いろんな種類を作るのもいいかも!などとワクワクしています。
それらのお菓子のことはまた改めて^^





ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2012-11-22 16:02 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/19251289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ステイ・フレンズを観ました(録画) | ページトップ | 任侠ヘルパーをみました >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin