Top
人生の特等席を観ました

e0181891_14221530.jpg

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による視力の衰えを隠せず、その手腕に球団フロントが疑問を抱き始める。苦しい立場のガスを、長年離れて暮らしていたひとり娘のミッキーが手助けすることに。父と娘が久々に対じすることにより、秘められた過去と真実が明らかになる。「マディソン郡の橋」(1995)以来17年にわたり、イーストウッドから映画製作を学んだロバート・ローレンツがメガホンをとり、イーストウッドが自身の監督作以外で俳優に徹した主演作としては「ザ・シークレット・サービス」(93)以来19年ぶりとなった。撮影のトム・スターン、美術のジェームズ・J・ムラカミら、イーストウッド組のスタッフが集結。共演にエイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイクら。画像・あらすじ映画com.より

人生の特等席を観ました。

年老いていく親、自身のキャリアアップ、恋人との関係・・・
どれも大切で、どれを優先すべきかっていうのは、そのときの状況で判断しなくちゃいけない。
それなりの年齢になったら、誰もが経験することだよね。

親も子も、それぞれに対するそれぞれの気持ちがあって。
だけどそれを言葉にするのは簡単ではないし、
親子だからといってお互いの気持ちは一生理解できないんじゃないかと思ってる。
血のつながりって、どうやったって切れないから、結構めんどくさいもの。

この映画は父一人子一人のガスとミッキーが
そのめんどくさい関係をガスの目の病気をキッカケにぶつけ合って、
それぞれの道を前向きに進む物語。
エイミー・アダムスって特別の美人でもないから(失礼!)
こういう実際にありそうな物語に向いているのかも。自分だったら、とか考えやすいというか。

肩を壊したことで夢途中で破れ、スカウトマンとして再起してる(失職するけど)ジョニー、
ガスの手助けのために仕事をしばらく離れ、キャリアアップの機会を逃すミッキー、
それから期待の星として入団した新人君の失態(?)で
人生っていいことばっかじゃないってことを表して、
ミッキーが連れてきた無名の新人やガスとミッキーの立場大逆転劇で、
人生には突然チャンスが訪れたり、努力で報われることもあるんだよと表している。

人生の特等席かぁ。
人から見てどうとかじゃなく、自分自身が居心地がよくて好きだと思えたら
そこが‘特等席’なんだね。
心の壁をとって。誰かと本当に向き合うことができたら。
そのときに見つかるのかも。

野球が好き、またはよく知っているほうが、楽しめる映画だと思います。
劇的に何かが起こるわけじゃないし、淡々としたストーリーだから
すっごいおもしろいー、ドキドキしたわー みたいなのはないけど、
今までの自分を振り返ったりこれからの人生についてぼんやり考えるような年代・・・
大人向けの映画です。
実際、観客の年齢層すごく高かった!


好きなシーンはラスト近くにミッキーがポイッと球場のゴミ箱に携帯を投げ捨てるとこ!
あんなことやってみたい(笑)
潔い人、好きなので。



ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2012-11-24 14:53 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/19260813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【 篠山紀信さんの個展「写真力」 】 | ページトップ | ステイ・フレンズを観ました(録画) >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin