Top
映画「アメリカンスナイパー」
e0181891_1942517.jpg


「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる。イーストウッド監督とは初タッグのブラッドリー・クーパーが、主演兼プロデューサーを務めた。 解説・画像 映画com.より


戦争は人を変える。
当然といえば当然だけど、生きて帰ってきても平常心に戻るのはとても大変なことなんだろうと想像する。
人と人が殺しあうんだよ。戦争は異常だ。

兵士たちは(ほぼ)みな、敵を倒すことや国家を守ることを使命としているからそこに疑問は持たない。
けど、生きて帰りたいんだよ。やっぱり。
それを待つ家族も、もしかしたら死ぬんじゃないかって毎日思いながら何ヶ月も待ち続ける苦悩は
想像すらできない。

戦闘シーンがとてもリアルで、自分がそこにいるみたいに感じて怖かった。
世界にはそれを今、現実のものとして体験している人たちがいるんだよね。

つまらない言葉しか並べられないけど
戦争はダメだ。そして戦争が起こるかもしれない世の中になってほしくない。

これも実話ベースなんですが、予備知識ゼロで見に行ったので
ラストは驚愕でした。なんかもう、せっかくここまできたのにとなんともいえない気持ちになりました。





ブラッドリークーパーをはじめて知ったのは「ハングオーバー」です。
ハングオーバー人気から売れっ子俳優になり
世界にひとつのプレイブックやアメリカンハッスル、
今ではいろんな顔を見せてくれる俳優になりましたね。(顔がいいだけじゃなく)
ハングオーバーのフィルは大好きですよ。またコメディーもやってほしいな。



Follow @chikap_11

twitter

ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2015-02-27 19:55 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/22839920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ふんわりブッセ(一口サイズ) | ページトップ | 映画「フォックスキャッチャー」 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin