Top
映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」
e0181891_1456245.jpg


「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブローが製作・監督・脚本・主演の4役を務め、フードトラックの移動販売をはじめた一流レストランの元総料理長のアメリカ横断の旅を描いたハートフルコメディ。ロサンゼルスの有名レストランで総料理長を務めるカールは、口うるさいオーナーや自分の料理を酷評する評論家とケンカして店を辞めてしまう。心配する元妻イネスの提案で、息子パーシーを連れて故郷のマイアミを訪れたカールは、そこで食べたキューバサンドイッチの美味しさに驚き、フードトラックでサンドイッチの移動販売をすることを思いつく。カールはイネスやパーシー、仲間たちの協力を得て、マイアミからニューオリンズ、ロサンゼルスへと旅を続けていく。「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモが主人公の友人役を、「マチェーテ・キルズ」のソフィア・ベルガラが元妻役を好演。ロバート・ダウニー・Jr.、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマンら豪華ハリウッドスターも顔を出している。 解説・画像 映画com.より


有名料理店のシェフが有名フードブロガーが来店する日に新しいメニューを考え準備していたところ
意に反してオーナーの言うとおり通常通りのメニューを出したらボロクソに酷評され
(使い方も知らないのに)うっかりツイッターで反論したら大炎上して、店でそのブロガー相手にブチ切れて
店をやめる羽目になって気乗りしなかったフードトラックで旅して息子やあれこれを取り戻すというお話です(ざっくり)。

あのチョコレートドーナツよりも!といううたい文句でしたので期待値が高く、
そこそこよかった、という映画です。(チョコレートドーナツはよい映画です。おススメ。)
とはいえ、アメリカン~やフォックス~というバッドエンドが続いたので
ありえないよというくらいのハッピーエンドはとても気持ちがよかったです!

見所は主人公カールがフードブロガー相手にぶちきれる場面です。
好き放題酷評しやがって!
こっちは死ぬ気でやってんだよ!という具合。これは一理あるなととても印象的でした。
インターネットやSNSの普及で、誰もが簡単に批評家や評論家になれる今の時代。
批評するほうは結構無責任ですよね。気軽に言ってしまうというか。(本業の方は別として)
食事でも映画でも本でもなんでも、感じ方は人それぞれであって好みもそれぞれ。
わたしがいいと思ってもいいと思わない人もいる。もちろん作り手は真剣でしょう。
この場面の台詞はそのまま監督(で脚本と主役のジョン・ファブロー)が思ってることなのかもしれないと思いました。
人気シリーズアイアンマンの監督、という背景がありますし。

自分がいいと思わなくてもいいと思う人だっている、ということは常に意識していますが
改めてそのあたりを考えましたね。

映画全体を通して、色彩が鮮やかで店を首になるとかそういう場面でもどんよりせず、
あぁ、よかったなぁと思えるストーリーです。
主人公が料理人としての初心や居場所を見つける分けなんですけど、
それと合わせて「父と子」の物語でもありました。そのあたりも見所のひとつ。

元奥さんがめっちゃ美人で(ソフィア・ベルガラ)
元愛人が超セクシーで(スカーレット・ヨハンソン)
元奥さんの元旦那が超変人で(ロバート・ダウニー・JR)
レストランのオーナーがさえない感じで(ダスティン・ホフマン)
っていうのもなかなかおもしろいところ。

あとわたしがとても注目したのはレストランの仲間でフードトラックに同乗するマーティン役のジョン・レグイザモ!
ちょっと変わってるんだけどすごくいい味出してます。(最初悪い人かと思って見てた)

出てくる料理の数々はすばらしくおいしそうで
陽気な雰囲気に明るい気分になる映画でした。



center>


カールが息子に作るグリルチーズサンドがすっごくおいしそうだったんです。(チーズ大好き)
映画の公式ツイッターで作り方が紹介されているのを発見し、作ってみました。
おいしかった~♪♪簡単だし、また作ろうと思ってます^^



Follow @chikap_11

twitter

ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2015-03-08 15:28 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/22862237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ナッツブロッサム | ページトップ | ふんわりブッセ(一口サイズ) >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin