Top
映画「イミテーションゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
e0181891_210623.jpg

「SHERLOCK シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチ主演で、第2次世界大戦時、ドイツ軍が世界に誇った暗号機エニグマによる暗号の解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたイギリスの数学者アラン・チューリングの人生を描いたドラマ。第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞など計8部門でノミネートされ、脚色賞を受賞した。1939年、第2次世界大戦が始まり、イギリスはドイツに宣戦を布告。ケンブリッジ大学の特別研究員で、27歳にして天才数学者と称えられるアラン・チューリングは英国政府の秘密作戦に参加し、ドイツ軍が誇る暗号エニグマの解読に挑むことになる。解読チームには6人の精鋭が集められるが、他人と協調することを嫌うチューリングとチームメンバーとの間には溝が深まっていく。チューリングを理解し、支える女性ジョーン・クラークにキーラ・ナイトレイ。監督は、「ヘッドハンター」で注目を集めたノルウェーのモルテン・ティルドゥム。解説・画像 映画com.

アカデミー賞ノミネート作品です。
こちらも先月鑑賞しました。

(エニグマの解読が)50年もの間、明かされなかった戦時中の秘密だったこと、
そして今「コンピューター」と呼ばれるものの始まりがこれだったということに驚くし、
そこを垣間見ていくスリルやドキドキを感じたよ。
ラストは・・・天才はいわゆる普通とは違うから、生きにくかったのかな。


鑑賞後ツイッターにのせた感想です。
結果「解読に成功する」ことは実話なのでわかってはいても、
そこに至るまでの経過は本当に解読できるのだろうかと、
登場人物とともに不安や焦りを感じました。
戦時中や歴史の一部を垣間見る気持ちで、とても興味深かったです。

暗号解読チームの一人、ヒュー役のマシュー・グードがとてもよかった。
別の映画で見たときはピンと来なかったので見なおしました(笑)
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2015-04-04 21:17 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/22931151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いちごのショートケーキ | ページトップ | 映画「博士と彼女のセオリー」 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin