Top
最近見た映画の記録(あと数回みたい映画)
e0181891_17344728.jpg

レジェンド狂気の美学
首を長くして公開を待っていた映画です。
体調がいまいちでもどうしても一番に見たくて、はるばる新宿まで公開初日の朝イチの回を見に行きました。

あぁーもう、これはすごい。
イギリス伝説のギャングクレイ兄弟を演じるトム・ハーディがすばらしい。
一人二役と知らずに見たら、違う人だよといわれればそうかと思うほど。
「血のつながり」そして「双子」というそれぞれの中にそれぞれを持つからこそのよくもわるくも切れない絆。
レジーの恋人から妻になるフランシスの語りで、
クレイ兄弟が力をみせる世界からそれがこわれてゆくまでを進んでいきます。
フランシス目線でみると、ちょっとつらくて苦しい。
トム・ハーディはインタビューを見る限り、自分の感情を役に近づけていくタイプではないようです。
それが、この映画に限らず、その役が内に持つ、冷酷さや非情さを体現させているのではと感じます。

ラストの「お前は殺せないから」
この映画のすべてはこの台詞に凝縮されてる。


わたしはトム・ハーディの大ファンなので、
とくに前半は彼の美しさとかっこよさに何度もハッとしました。
トムハにボンドをやってほしいと心から願っております・・・
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-06-25 17:48 | くらし | Trackback
トラックバックURL : http://chikap11.exblog.jp/tb/24483486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コーヒーパン | ページトップ | 最近見た映画の記録(2本まとめて) >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin