Top
<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
バナナとココナツのマフィン
e0181891_1920374.jpg

バナナとココナツのマフィン。
桑原奈津子さんの「パンといっぴき」に掲載のレシピです。
冷凍庫に眠っていたクランブルをたっぷりのせて。
生地そのものは甘さ控えめなのでクランブルと好相性。
ぷっくりと焼き上がり、おいしかった。

今日で7月がおしまい?!(毎月思う)
仕事が年に4回決算があるためその前後の月はバタバタ。7月もそうなのでより短く感じました。
そんな中でも午後休めそうな日を見つけては映画を見たり
マフィンのような気負わずにできるおやつを作ったり。
藤野先生のお教室のお菓子はなかなか復習できずにいますが
どのお菓子にも通じることなので、気軽なお菓子にも生かされています。
さて、今年に入ってからぼんやりと考えていた、やりたいこと。
なるべく早く、遅くても年内には取り掛かりたいなぁと思うこのごろです。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-31 19:25 | お菓子 | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_135852.jpg


シングストリート。

よかった。思わず泣いてしまいました。
(普通のひとは泣かないと思いますが、私の涙腺は常に決壊しているため)

1985年、14歳(15かと思ってたらパンフレットに14と書いてあった)の少年が主人公。
好きな女の子へ声をかける口実にバンドを結成する・・・というお話。
あどけない顔つきの少年が、どんどん大人になっていく。
何がどうというわけじゃないのに、胸をぎゅっとつかまれる思い。
1985年に15歳だった私。
映画の「そのころ」はわたしにとってとっくに通り過ぎてきた道であり
この先二度と「そのころ」は訪れない。それが涙の意味だったのかもしれないな。

男同士のバディものや仲間ものが大好きなので、その気持ちも満たしてくれる映画です。
洋楽ブームやバンドブームが青春時代だったわたしにドンピシャだったといえるでしょう。
サントラ買おうと思ってます。


ここ最近何度も映画館で見たいと思う映画に出会ってる感じ。
レジェンド狂気の美学、ブルックリン(この2本は2回見に行った)、そしてシングストリート。
DVDになったらもちろん買うけれど、映画館で見ることの意味みたいなものを感じるこのごろです。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-18 13:17 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_12561696.jpg


裸足の季節。
トルコ映画です。

これは・・・ちょっとしんどい内容でした。
若さ溢れる5人姉妹が本当に美しくまぶしくて、その苦しさを忘れてしまいそうになるけれど
こういう世界が今なおあるんだという現実にショックを受けました。
檻に閉じ込められた世界でも、はじけるような若さはどこの国のだれとも変わらなくて。

そこでは生きられないとわかったならば、
どんな手を使ってでもそこから逃げ出さなくては未来はないのだと思いました。
未来は自分の手で掴み取るしかないのだと。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-18 13:04 | くらし | Trackback
スコーン
e0181891_1248658.jpg


スコーン。
今気に入っているのは、粉、牛乳、バター、砂糖だけで作るシンプルなスコーン。
外側がカリッと(サクッと)しつつ、卵がなくても中はふわっと。
FPにかけてすぐに焼ける簡単さも魅力的。
砂古玉緒さんの「イギリスの菓子物語」のレシピです。

パカッと割ったところにおいしいバターといちごジャムをたっぷりのせて口に放り込むのがお気に入り(笑)



予報よりもお天気が良い3連休です。
オットの買い物でデパートへ行ったり、映画を見に行ったり。
アウトドアでなくてもお天気は良いほうがいいです。
このまま梅雨明けするかな!?
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-18 12:55 | お菓子 | Trackback
ホシノのカンパーニュ ~まるぱん同好会~
e0181891_17503957.jpg


今月のまるぱん同好会は、ホシノのカンパーニュ(中種法)です。
いつもははるゆたかブレンドのみで作るのですが、今回はゴールデンヨットと半々に。
若干ボリューム感が増して、いい感じ!
中種法で作るホシノのパン、いつもオットがおいしいといいます。
どうやって作ったとか、ホシノだとかイーストだとか何も言わないのだけど
毎回おいしいっていうのはコレ。

スライスして冷凍しておき、朝起きたら冷凍庫から出して。
夏はすぐ解凍されるからいいですね!
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-10 17:56 | パン | Trackback(1)
2016年上半期映画ベスト10
2016年上半期映画ベスト10(2016年上期日本公開作)
思ったほど見られておらず(20数本)偏っていると思いますが・・・

1. レジェンド 狂気の美学
2. スポットライト 世紀のスクープ
3. ルーム
4. オデッセイ
5. ブリッジオブスパイ
6. リリーのすべて
7. ニューヨーク眺めのいい部屋売ります
8. キャプテンアメリカ シビル・ウォー
9. デッドプール
10.ズートピア

下半期は早々にブルックリンという素晴らしい映画に出会ってしまいました。
まだまだたくさんのよい映画に出会えますように。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-03 16:40 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_16161431.jpg


アカデミー賞にノミネートされたときから公開を楽しみにしていた映画「ブルックリン」
昨日見てきました。

すごくよかった!
何度も胸がキュッとし、何度も涙を流しました。
地方の大学を出て東京で就職したときのこと
一人暮らしをしたときのこと、親元を本当に離れたときのこと。思い出しましたね。
エイリッシュと同じく、私は自分でその時々の道を選び、進んできました。
あの時こうだったらと思ったことがないわけではないけれど、自分で選んだ道に後悔はないです。

日本ではあまりなじみがないブルックリンの移民事情についても思いをはせました。
同郷からの移民どうしのつながりの強さや家族のつながりを重んじる国柄など、
時々映画で垣間見ることがあります。

エイリッシュの気持ちの変化とともに変化していく見た目や振る舞い。
素敵な洋服たちと合わせてすごくうまく撮られているなと感じました。
エイリッシュを演じるシアーシャ・ローナンが本当に素晴らしかった。
エイリッシュが内に持つ強さと聡明さが見事。

エイリッシュをただただ純粋に愛するトニーがこれまたよかったです。
若くて、夢を持ち、大きくエイリッシュを包んでいる感じ。

トニーの家族や(特に弟)や女子寮の面々などなかなか面白く
重くなりそうな場面にふと笑いがはさまれるのもとてもよかったです。
もう1度みたいなと思っています。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-03 16:31 | くらし | Trackback
コーヒーパン
e0181891_1685791.jpg


コーヒーパン。先週末に焼いたものです。
門間みかさんの本、アールグレイブレッドをコーヒーに置き換えたもので
なぜか夏になると作るパンです。
ほろ苦いコーヒー風味にたっぷりのアイシングをかけるのがお約束。
ドーナツなんかも暑い季節につくろうかなとか食べようかなと思うのはなんでかな??

体調が回復してきて、パンを焼こうという気持ちになれたのが先週末。
よくなってはいまいちになったりをしつつ、7月になりやっとほんとに回復したなーという気分です。よかった。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-03 16:15 | パン | Trackback
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin