Top
最近見た映画の記録
e0181891_1948156.jpg


「トランボ」

大きな圧力に自分の才能(と持てる力で)立ち向かう姿。
時代が変わって、圧力の形や見え方が変わっても、
こういうことは現代にもあるんじゃないかと思ったりもする。
長い時間をかけ、失ったものや誰かを傷つけたり悲しませたりしたこともたくさんあったと思う。
それでも、自分自身を貫くことについて、思いをめぐらせました。

10クローバーフィールドレーンではちっともグッドじゃなかったジョン・グッドマンが
とてもよかったです。
[PR]
Top▲ | # by chikap11 | 2016-08-11 19:53 | くらし | Trackback
バナナとココナツのマフィン
e0181891_1920374.jpg

バナナとココナツのマフィン。
桑原奈津子さんの「パンといっぴき」に掲載のレシピです。
冷凍庫に眠っていたクランブルをたっぷりのせて。
生地そのものは甘さ控えめなのでクランブルと好相性。
ぷっくりと焼き上がり、おいしかった。

今日で7月がおしまい?!(毎月思う)
仕事が年に4回決算があるためその前後の月はバタバタ。7月もそうなのでより短く感じました。
そんな中でも午後休めそうな日を見つけては映画を見たり
マフィンのような気負わずにできるおやつを作ったり。
藤野先生のお教室のお菓子はなかなか復習できずにいますが
どのお菓子にも通じることなので、気軽なお菓子にも生かされています。
さて、今年に入ってからぼんやりと考えていた、やりたいこと。
なるべく早く、遅くても年内には取り掛かりたいなぁと思うこのごろです。
[PR]
Top▲ | # by chikap11 | 2016-07-31 19:25 | お菓子 | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_135852.jpg


シングストリート。

よかった。思わず泣いてしまいました。
(普通のひとは泣かないと思いますが、私の涙腺は常に決壊しているため)

1985年、14歳(15かと思ってたらパンフレットに14と書いてあった)の少年が主人公。
好きな女の子へ声をかける口実にバンドを結成する・・・というお話。
あどけない顔つきの少年が、どんどん大人になっていく。
何がどうというわけじゃないのに、胸をぎゅっとつかまれる思い。
1985年に15歳だった私。
映画の「そのころ」はわたしにとってとっくに通り過ぎてきた道であり
この先二度と「そのころ」は訪れない。それが涙の意味だったのかもしれないな。

男同士のバディものや仲間ものが大好きなので、その気持ちも満たしてくれる映画です。
洋楽ブームやバンドブームが青春時代だったわたしにドンピシャだったといえるでしょう。
サントラ買おうと思ってます。


ここ最近何度も映画館で見たいと思う映画に出会ってる感じ。
レジェンド狂気の美学、ブルックリン(この2本は2回見に行った)、そしてシングストリート。
DVDになったらもちろん買うけれど、映画館で見ることの意味みたいなものを感じるこのごろです。
[PR]
Top▲ | # by chikap11 | 2016-07-18 13:17 | くらし | Trackback
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin