「ほっ」と。キャンペーン
Top
タグ:映画 ( 91 ) タグの人気記事
Top▲ |
最近見た映画の記録
e0181891_133938.jpg


グランド・イリュージョン見破られたトリック

昨日見てきたばっかり。いやー面白かった!!!
華麗なマジックとスピード感溢れる展開、これが一体どうなる!?と最後まで目が離せませんでした。
130分と割と長めなのですが、ハラハラドキドキであっという間。
最後の最後にこうきたか!となるし、華麗なマジックの種明かしもあり。
前作みていなくても楽しめると思いますが、やっぱり見ておいたほうがいいですね。

好きだなとか面白かった!といつまでも思う映画って
たいてい出演者の中にすごく気に入った人がいるとかその役が好きとかあるんですけど
グランド・イリュージョンの場合は、マイケル・ケインですね。
わたしにとってはバットマンのアルフレッドなんですけど。
まだまだ活躍してほしい俳優さん!!
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-09-04 13:08 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_12581112.jpg


ゴーストバスターズ

面白かった!ちょっとB級っぽいところがよいですね。
4人のゴーストバスターズはもちろん、
顔だけで選ばれたちょっと間抜けな電話番のケヴィン・・・いちいち面白いー

エンドロール最高。
絶対に席立っちゃだめ。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-09-04 13:02 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_1252223.jpg


X-MEN アポカリプス

先月公開直後に見ました。だいぶ日にちがたってしまいましたね(汗)
ファーストジェネレーション、フューチャー&パストに続く今作。
3作の中で一番面白かったし、よかったです。
それぞれに見せ場があり、信頼しあっているのに一緒にはいられないチャールズとエリック。
これだけ見ると意味不明なところや、チャールズとエリックの関係性がいまいちピンとこないかもなので
2作見てから見るべき映画です。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-09-04 12:57 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_1948156.jpg


「トランボ」

大きな圧力に自分の才能(と持てる力で)立ち向かう姿。
時代が変わって、圧力の形や見え方が変わっても、
こういうことは現代にもあるんじゃないかと思ったりもする。
長い時間をかけ、失ったものや誰かを傷つけたり悲しませたりしたこともたくさんあったと思う。
それでも、自分自身を貫くことについて、思いをめぐらせました。

10クローバーフィールドレーンではちっともグッドじゃなかったジョン・グッドマンが
とてもよかったです。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-08-11 19:53 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_135852.jpg


シングストリート。

よかった。思わず泣いてしまいました。
(普通のひとは泣かないと思いますが、私の涙腺は常に決壊しているため)

1985年、14歳(15かと思ってたらパンフレットに14と書いてあった)の少年が主人公。
好きな女の子へ声をかける口実にバンドを結成する・・・というお話。
あどけない顔つきの少年が、どんどん大人になっていく。
何がどうというわけじゃないのに、胸をぎゅっとつかまれる思い。
1985年に15歳だった私。
映画の「そのころ」はわたしにとってとっくに通り過ぎてきた道であり
この先二度と「そのころ」は訪れない。それが涙の意味だったのかもしれないな。

男同士のバディものや仲間ものが大好きなので、その気持ちも満たしてくれる映画です。
洋楽ブームやバンドブームが青春時代だったわたしにドンピシャだったといえるでしょう。
サントラ買おうと思ってます。


ここ最近何度も映画館で見たいと思う映画に出会ってる感じ。
レジェンド狂気の美学、ブルックリン(この2本は2回見に行った)、そしてシングストリート。
DVDになったらもちろん買うけれど、映画館で見ることの意味みたいなものを感じるこのごろです。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-18 13:17 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_12561696.jpg


裸足の季節。
トルコ映画です。

これは・・・ちょっとしんどい内容でした。
若さ溢れる5人姉妹が本当に美しくまぶしくて、その苦しさを忘れてしまいそうになるけれど
こういう世界が今なおあるんだという現実にショックを受けました。
檻に閉じ込められた世界でも、はじけるような若さはどこの国のだれとも変わらなくて。

そこでは生きられないとわかったならば、
どんな手を使ってでもそこから逃げ出さなくては未来はないのだと思いました。
未来は自分の手で掴み取るしかないのだと。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-18 13:04 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録
e0181891_16161431.jpg


アカデミー賞にノミネートされたときから公開を楽しみにしていた映画「ブルックリン」
昨日見てきました。

すごくよかった!
何度も胸がキュッとし、何度も涙を流しました。
地方の大学を出て東京で就職したときのこと
一人暮らしをしたときのこと、親元を本当に離れたときのこと。思い出しましたね。
エイリッシュと同じく、私は自分でその時々の道を選び、進んできました。
あの時こうだったらと思ったことがないわけではないけれど、自分で選んだ道に後悔はないです。

日本ではあまりなじみがないブルックリンの移民事情についても思いをはせました。
同郷からの移民どうしのつながりの強さや家族のつながりを重んじる国柄など、
時々映画で垣間見ることがあります。

エイリッシュの気持ちの変化とともに変化していく見た目や振る舞い。
素敵な洋服たちと合わせてすごくうまく撮られているなと感じました。
エイリッシュを演じるシアーシャ・ローナンが本当に素晴らしかった。
エイリッシュが内に持つ強さと聡明さが見事。

エイリッシュをただただ純粋に愛するトニーがこれまたよかったです。
若くて、夢を持ち、大きくエイリッシュを包んでいる感じ。

トニーの家族や(特に弟)や女子寮の面々などなかなか面白く
重くなりそうな場面にふと笑いがはさまれるのもとてもよかったです。
もう1度みたいなと思っています。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-07-03 16:31 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録(あと数回みたい映画)
e0181891_17344728.jpg

レジェンド狂気の美学
首を長くして公開を待っていた映画です。
体調がいまいちでもどうしても一番に見たくて、はるばる新宿まで公開初日の朝イチの回を見に行きました。

あぁーもう、これはすごい。
イギリス伝説のギャングクレイ兄弟を演じるトム・ハーディがすばらしい。
一人二役と知らずに見たら、違う人だよといわれればそうかと思うほど。
「血のつながり」そして「双子」というそれぞれの中にそれぞれを持つからこそのよくもわるくも切れない絆。
レジーの恋人から妻になるフランシスの語りで、
クレイ兄弟が力をみせる世界からそれがこわれてゆくまでを進んでいきます。
フランシス目線でみると、ちょっとつらくて苦しい。
トム・ハーディはインタビューを見る限り、自分の感情を役に近づけていくタイプではないようです。
それが、この映画に限らず、その役が内に持つ、冷酷さや非情さを体現させているのではと感じます。

ラストの「お前は殺せないから」
この映画のすべてはこの台詞に凝縮されてる。


わたしはトム・ハーディの大ファンなので、
とくに前半は彼の美しさとかっこよさに何度もハッとしました。
トムハにボンドをやってほしいと心から願っております・・・
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-06-25 17:48 | くらし | Trackback
最近見た映画の記録(2本まとめて)
e0181891_17115282.jpg


二ツ星の料理人。
再起をかける料理人のお話です。
人間性にちょっと問題がある主人公が周囲の人や出来事を通して変わっていく様子は
同じブラッドリー・クーパーの世界にひとつのプレイブックに似てるかも。
時間が短くて、料理の映像も美しいですし、さらっと見るにはちょうど良い映画でした。
ダニエル・ブリュールがよかったなぁ。
直近ではシビルウォーの悪役でしたが、私の中ではラッシュプライドと友情のニキラウダです。

ブラッドリー・クーパーはハングオーバーのフィル、
または特攻野郎Aチームのフェイス・・・またこういう役やってくれないかなぁ。


e0181891_17121969.jpg

10クローバーフィールドレーン。
密室サスペンスかと思いきや突如SFでした。
前作を見ておいたほうがよかったんだろうか。
後半SFになる前は手に汗握る展開(というほどでもないけど)で
なかなかよかったです。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-06-25 17:21 | くらし | Trackback
最近みた映画の記録
e0181891_1712666.jpg


体調がわるいのに習い事は休みたくない、映画はみたい・・・と無理したのも体調悪化の原因だったかも(汗)

さて、エクスマキナ。
アリシア・ヴィキャンデルが大好きなので見たかった映画です。
生身の人間でも人工知能でも、女はしたたかである意味目的のためには手段を選ばないものだなと。
そして男の目的はいつも、いつの時代も同じなのかもね。
アリシアのロボットっぽさと人間っぽさのちょうど境目くらいの演技、すばらしいですね。
そしてまぁ、美しいこと。
スターウォーズのポー、オスカーアイザックが別人みたいでわからなかった。
ドーナル・グリーソンは役柄にぴったり。彼、売れっ子になりましたね。(私が知ったのはハリーポッター)
お話はこれといって目新しいものではないですが、
アリシアファンとしてはあの、なんともいえない不思議な美しさを見られただけで満足です。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2016-06-25 17:10 | くらし | Trackback
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin