人気ブログランキング |
Top
すてきなお弁当箱!
e0181891_1532435.jpg
お弁当箱!

なんとも愛らしいすてきなお弁当箱は、大好きな友達mちゃんからのプレゼント。
ブルーの模様のてぬぐいは‘お弁当箱と包んで’と一緒にいただきました。
mちゃんはとてもセンスがいい。
選んでくれるものたちに、mちゃんらしさが表れているのがいつもうれしい♪

お弁当箱がすてきなので、
中には俵型に握った玄米おにぎりを3~4つ並べていれるだけでもちっともさびしくない。
シンプルさがいいくらい!

ありがとう♪


一緒に写っている箸袋は以前kaoちゃんがプレゼントしてくれたもの。
こちらもすっごく重宝しています!

乾きやすい素材で、清潔を保てます。
くるくるっと巻くだけの手軽さ。

こういうのはネットショップでは扱わないのかなー??


   *   *   *

ヨコハマ映画祭の続き。2本の映画について。


どちらも私好みで元気がもらえるすてきな映画でした!


☆ 「風が強く吹いてる」 公式サイト → 

無名の大学陸上部(しかも寄せ集めのような部員たち)が箱根駅伝を目指すお話です。

箱根駅伝を目指そうとこっそりみんなをハメてゆくハイジ。
最初はムリだと思うけれど、ハイジのため、
そして仲間や自分自身のために走り続ける他の部員たち。

ひとつの目標に向かって、全員の意識が集中して行くさま。
努力すること、あきらめないこと、強くなること。
まるで自分が箱根を目指しているような気持ちになってしまう。

ハイジの姿に‘真のリーダーシップ’を感じ
笑いあり涙ありのテンポのよさにどんどんと引き込まれました。

本当の‘強さ’とは?
とても心に響くテーマを感じました。

これからご覧になる方がいらっしゃるかもしれないので
これくらいしか書くことができないのですが、
オススメできる映画です。

監督が「撮るのが本当に大変だった。(公道を止めるとか物理的な苦労も凄かったようです)
こういう映画は二度と撮らないと思う(笑)」とおっしゃっていました。
そのあたりも感じながらご覧いただくとより楽しめるかもしれません。

実際に大学からスカウトが来たというカケルの走りも必見です!

*余談
ハイジ役の小出恵介さんがすごくいいです。
今までパッとしないなぁ~と思っていたのですが
すごくいい。堤真一さんみたいな、ああいう雰囲気の俳優さんになりそう。
彼もアミューズ所属で、以前桑田さんの「音楽寅さん」の茶番劇(失礼)に出演されていました。。



☆ 「のんちゃんのり弁」 公式サイト → 

グータラ亭主に愛想をつかした主人公小巻が幼稚園生の娘を連れて
下町の実家へ戻りお弁当屋さんをやろう!と決意していく物語です。

挫折を味わいながらもふとしたときに目標を見つけ突き進んでいく小巻の姿。
テーブルが試作の鯖味噌煮でいっぱいになっていたり
から揚げで山盛りになっていたり、
なんだか自分を重ね合わせてしまいました。

お母さん役の倍賞美津子さん
キーになる「ととや」のご主人岸部一徳さん(里井副社長!by不毛地帯 と思ったのは私だけではないはず・笑)

脇を固めるキャストもすばらしいです。

こちらもとてもテンポがよく
笑ったりハラハラしたり、本当に元気になる映画でした。

小西真奈美さんがたくさんの方の感想に
「映画ってこんなに人を元気にできるんだ!と思った」とおっしゃっていました。

私も自分の得意なことで
誰かが幸せな気持ちになってもらえたら。
いつか絶対に!!
映画よ、ありがとう!!


さて、のんちゃんのり弁は有名な飯島奈美さんが料理スタイリングをされています。

「かもめ食堂」
「南極料理人」 公式サイト → 
「ヴィヨンの妻」
「ハンサム・スーツ」
「のんちゃんのり弁」

以上5本の、飯島さんスタイリングの映画を観ました。

パンやお菓子作りが好きな方には圧倒的な人気であろう「かもめ食堂」・・・
誠に言いにくいのですが、私の中ではランキング上位ではありません。(じつは映画自体も・汗)

5本の中では「南極料理人」「のんちゃんのり弁」が圧倒的にいい。
料理が生きてるんですよ、この2本は。

より身近というか、非常にリアルさを感じる。
映画なんだから所詮虚構ではあるんだけれど、
かもめ食堂のようなシチュエーションは‘ありえない!’とどっかで感じてしまう。

この2本は、ストーリーとあいまって、
おいしそうなごはんたちが本当に自然な姿でそこにある。

よかったらご覧くださいね!




1クリックしていただけると、うれしいです♪
Top▲ | by chikap11 | 2010-02-11 15:35 | くらし
<< トリュフ・オ・ラム! | ページトップ | くるみたっぷりカンパーニュ!(... >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin