人気ブログランキング |
Top
【いちごみるくプリン!】
e0181891_7165021.jpg

いちごみるくプリン!

クックパッドさんでご紹介している‘やわらか杏仁豆腐’の、
アマレットをコアントローに変えて作りました。


甘さ控えめのみるくプリンなので、
いちごジャムやフレッシュないちごにはちみつやメイプルシロップを絡めたものをぜひ一緒に^^

写真は、暮らしの手帖を参考に、
グラニュー糖をまぶしてつぶしたいちごソースを合わせています。


以前のブログやクックパッドさんでご紹介しているレシピを一部修正してご紹介します。
修正部分は③の熱を取る所と④の混ぜる道具。
③について以前はあたたかさがなくなるまで、としましたが
あとでゼラチンのダマが出来やすいため、一瞬氷水に漬けてサッと熱をとるようにしました。
④について泡だて器で混ぜるとしましたが、泡が表面に浮きやすくなるためゴムベラに変更しました。
また、ゼラチンの量を2パターンのせています。
少ない方は、ぎりぎり固まる分量になっています。
きれいにゼラチンを入れないとうまく固まらない可能性がありますので、
ゴムベラで全て入れて下さいね。
下にも書きましたが、もっとプリッとした仕上がりにするには、
板ゼラチンを9~10gにするとよいです。

~ やわらか杏仁豆腐 (みるくプリン)~

☆材料 100cc程度入る容器6~7個分

   ・水 100cc
   ・グラニュー糖 50g
   ・板ゼラチン 4.5g *みるくプリンは6g(スーパーで手に入ります)
   ・牛乳 400cc (低脂肪じゃないもの。ごく普通のものをお使い下さい)
   ・生クリーム 100cc (乳脂肪分 35% のもの。タカナシ製がよいです。)
   ・アマレット  大さじ1 *みるくプリンのときはコアントローやラムに代えてください。

♪いただくときに合わせるとよいもの
 杏仁豆腐 → 黒みつ
 みるくプリン → いちごジャム、はちみつ、メイプルシロップ

☆作り方
① 板ゼラチンを氷水に入れてふやかす(2~3分で戻ります。長く置きすぎない。)

② 水とグラニュー糖を鍋に入れて中火にかけ、
   木べらでかき混ぜながら砂糖をとかす。
   グツグツっと沸いたらすぐに火を止め、ふやかしたゼラチンを入れる(水気を絞って)。
   ゴムベラでよくかきまぜてゼラチンをしっかり溶かす。

③ ②の鍋を氷水に漬け、ゴムベラでかき混ぜながら軽く熱をとる。
   

④ ボウルに牛乳と生クリーム、アマレット(またはコアントロー)を入れ、③を入れる。
    (ぎりぎり固まる量のゼラチンなので、お鍋がきれいになるくらい、ゴムベラでしっかりと全部入れてください。)
   ゴムベラでよーく混ぜる。
     
⑤ ④を漉しながら一旦別のボウルに入れてから、グラスに注いでいく。

⑥ 冷蔵庫で固まるまで冷やす。



ゼラチンの量が少ないので、固まるまで時間がかかります。
夜作って翌日いただく(朝には固まっています)という感じです
⑤の段階でボウルを氷水につけながらゆ~っくりと混ぜ、
軽くとろみがついてからグラスに注ぐと固まるまでの時間が短縮できます。
とろ~んとやわらかい仕上がりなので、
もっとぷりん!とさせたいときは、板ゼラチンを9~10gにするとよいです。

アマレットの風味が杏仁豆腐の香りの元^^
ミニボトル(50ml)もありますので、ぜひ使ってください♪



 ☆レシピ・画像の無断転用はお断り致します

使ったグラスは‘耐熱ガラスプリンカップ’です。
軽いので材料を計量しておくのに使ったり、
ちょっとした器としてもシンプルなので使いやすく重宝^^
耐熱ガラスプリンカップ100ml6個セット


このところ、毎日の晩ごはんの記録はツイッターに♪
なかなか楽しく継続中です!



クオカ/cuoca

Top▲ | by chikap11 | 2010-05-12 07:21 | お菓子
<< 【カトルカール!】 | ページトップ | 【タルト・オ・フレーズ♪】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin