人気ブログランキング |
Top
ゴーストライターをみました。

e0181891_13552896.jpg


元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)に出版社が提示した条件は、米国で講演中のラングが滞在する島に今夜中に発ち、1ヶ月以内に原稿を仕上げるという厳しいもの。だがそのハードな仕事と引換に得られるものは25万ドルという破格の報酬だった。しかし、政治に興味がなく、前任者がフェリーから転落死、その後任ということもあり、彼は気乗りがしなかった。代理人に説得されてラングの自叙伝を出版するラインハルト社に面接に行くと、そこにはラインハルト社ニューヨーク支部のマドックス(ジェームズ・ベルーシ)、ラングの弁護士クロール(ティモシー・ハットン)も顔を揃えていた。言いたいことを率直に話すと、かえって気に入られてしまい、いつの間にか仕事を引き受ける羽目になる。ヒースロー空港の待合室では、ラングがイスラム過激派のテロ容疑者に対する不当な拷問に加担した疑いがあるというニュース速報が流れていた。飛行機を降り、ラングが滞在する東海岸の島へ向かうフェリーに乗り継ぐ。そのフェリーは前任者マカラが泥酔して落ちたフェリーそのものだった。ラングの邸宅は厳重な警備が敷かれ、中へ入るや否や、女性の怒号が耳に飛び込んでくる。ラングの妻ルース(オリヴィア・ウィリアムズ)は機嫌が悪いのだ、と専属秘書のアメリア(キム・キャトラル)が説明する。彼女は守秘契約書にサインするように求め、自叙伝の草稿の屋外への持出しは厳禁だと言う。やがて、取材をしながら原稿を書き進めるうちに、ラング自身の過去に違和感を覚えた彼は、前任者の不可解な死を追いかけることで国家を揺るがす恐ろしい秘密に触れてしまう。そして、さらにルースとアメリアとともに巨大な渦にはまっていくのだった……。 goo映画より


少し前になりますが「ゴーストライター」を観ました。
なかなかどうして、おもしろかった!
なぜ前任者は自殺(ではなく消された、はず)したのか?
秘密を知り、追い詰め追い詰められ・・・
全体通して暗くどんよりした映像がサスペンス感を増します。
ラストは、やっぱこうなるのか、と。
英国の対米感情についても垣間見ることができるというかね。
ストーリーの性質上、あれこれ書くとネタバレになってしまうので、この辺で。

最後まで飽きさせない展開。
ミステリー小説の中に自分も入り込んだような感覚で。






さてさて3連休中日、いかがお過ごしでしょうか?
今日は午前中気になっていたパン屋さんへ行ったり、新しいスニーカーを買ったり
DVDをレンタルしたりしてきました。
昨日は映画「探偵はBARにいる」を見てきましたよ。これについてはまた今度。

映画といえば、amazon ukに注文していたDVDが予定より早く入荷したようで
発送しましたメールが来ており、嬉し悲しいワタクシです(汗)
嬉しいんだけど、また辞書片手に見るのかと思うと・・・^^;
そう、電子辞書がほしいと思ったのですが、コレというのはなかなかの良いお値段。
そこでiphoneの有料辞書アプリを検討することにしました。(今は無料の辞書アプリを使用中)
どれがいいか、あれこれ検討しているところです。





ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2011-09-24 14:41 | くらし
<< 【いつぞやのブランチ】 | ページトップ | 【ビスコッティー!】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin