Top
映画「トップガン」


e0181891_12381619.jpg

カリフォルニア州ミラマー海軍航空基地。そこにF-14トムキャットを操る世界最高のパイロットたちを養成する訓練学校、通称“トップガン”がある。若きパイロットのマーヴェリックもパートナーのグースとともにこのトップガン入りを果たし、自信と野望を膨らませる。日々繰り返される厳しい訓練も、マーヴェリックはグースとの絶妙なコンビネーションで次々と課題をクリアしていく。しかしライバルのアイスマンは、彼の型破りな操縦を無謀と指摘する。その一方で、マーヴェリックは新任の女性教官チャーリーに心奪われていく。
画像IMDB あらすじyahoo映画より

「Top Gun 」
監督 トニー・スコット
脚本 ジム・キャッシュ
ジャック・エップス・Jr
製作 ドン・シンプソン
ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 ビル・バダラート
出演者 トム・クルーズ
ケリー・マクギリス
音楽 ハロルド・ファルターメイヤー
ジョルジオ・モロダー
撮影 ジェフリー・キンボール
編集 ビリー・ウェバー
クリス・レベンゾン
配給 パラマウント / UIP
日本公開 1986年12月20日

今日は古い映画のお話。
ツイッターで‘好きな映画のタイトルをつぶやいてTLを映画祭にする’というハッシュタグがあって
今でもまた観たいと思う映画ってなんだっけーと。
(四十首と四十肩のためツイッターはしばらく見る専門になってます)

まずはこれ。トム・クルーズ主演「トップガン」です。
アメリカ海軍という未知の世界と空中戦での圧倒的なスケール(当時)
そしてトムのかっこよさに衝撃を覚えたのはわたしだけではないはず。
当時高校生だったわたしは、背筋がゾクゾクするほど!(恐怖、ではなく)

希望、野望を胸に厳しい訓練に耐え
友人の死、挫折を乗り越え再び空へ。
軸はありきたりなストーリーかもしれませんが、時代や年代問わず普遍的なテーマともいえます。
各シーンを盛り上げる音楽がまた素晴らしく良い。
Danger Zone /Kenny Loggins
Take My Breath Away/Berlin
聴いた瞬間に映画のシーンがよみがえります。

それにしても30年近く前の映画なんですね(驚)
「あぁ、なんてすごい」と人生で最初に思った映画かもしれません。

ちなみに
初めて観た洋画は「フラッシュダンス」(中学1年)
初めて観た邦画は「宇宙戦艦ヤマト」(小学1年)です。



ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2013-06-02 13:18 | くらし
<< 映画「アンタッチャブル | ページトップ | 【 餡入り蒸パン 】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin