Top
【 映画 ウォールフラワー 】


e0181891_1356145.jpg



登場人物は、すべてわたしかもしれない。




1999年にアメリカで出版され、「ライ麦畑でつかまえて」の再来とも言われたベストセラー青春小説を、原作者のスティーブン・チョボウスキーが自らのメガホンで映画化。「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のローガン・ラーマン、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン、「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーが共演する。小説家を志望する16歳の少年チャーリーは、高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられてしまう。誰からも話しかけられず、「壁の花(Wallflower)」のようにひっそりと息を潜めて毎日をやり過ごすことに注力していたチャーリーだったが、陽気なパトリックとその妹で美しく奔放なサムに出会い、生活が一変。初めて友情や恋を知るが、過去のある事件をきっかけに、3人の青春の日々は思わぬ方向へ転がり始める。 あらすじ&画像 映画com.より


ウォールフラワーを見ました。
今では思い出すこともなくなった、若く熱い日々のこと。
登場人物それぞれに重ね合わせて、それを思い出すような素敵な映画。

友人、恋、自分の居場所。
簡単には見つからないかもしれないし
踏み出した一歩で、案外見つかったりするものかもしれない。
うまくいくこといかないこと。うれしいことにつらいこと。
毎日はそれの繰り返しだし、若い頃のいろんな経験や思いが今の自分を作ってる。
そのときはそんなこと思わないけど、大人になった今、若い頃の自分にそう言ってみたいような気がする。
多かれ少なかれ誰でも心の中にしまってるものってあるはず。
それを抱えて生きていく方法を探していくのが人生なのかも、なんてね。


印象的だったのは
サムがチャーリーにプロムで「なぜわたしを誘わなかったの?」と問う場面。
「君が望まないから」と答えるチャーリーに
「自分の気持ちよりも相手のことを優先するなんて」というようなことをサムが言うんですよね。
チャーリーはサムが好きで、彼がいるサムも本当はチャーリーが好きだから誘って欲しかったのに。

友達や好きな人に言いたかったのに言えなかったことを少しずつ思い出してしまいました。

主役の3人が本当に素晴らしくって!
‘壁の花’だけれど才能豊かなチャーリー(ローガン・ラーマン *繊細で初々しい雰囲気がぴったり)
弾けるような美しさのサム(エマ・ワトソン *ハーマイオニーがこんなに美しい女性に!)
自由奔放で変わってるけどとても魅力的なパトリック(エズラ・ミラー *あまりの美しさに驚愕@@ )
この三人だからこその、魅力的な映画です。
素敵な映画をありがとう。
[PR]
Top▲ | by chikap11 | 2013-12-01 14:00 | くらし
<< 【 ガトーショコラナンシー 】 | ページトップ | 【 ふかし芋!】 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin