人気ブログランキング |
Top
映画「フォックスキャッチャー」
e0181891_19161254.jpg


「マネーボール」「カポーティ」のベネット・ミラー監督が、1996年にアメリカで起こったデュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンによるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化し、2014年・第67回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したサスペンスドラマ。ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手マーク・シュルツは、デュポン財閥の御曹司ジョンから、ソウルオリンピックでのメダル獲得を目指すレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われる。同じく金メダリストの兄デイブへのコンプレックスから抜けだすことを願っていたマークは、最高のトレーニング環境を用意してくれるという絶好のチャンスに飛びつくが、デュポンのエキセントリックな行動に振り回されるようになっていく。やがてデイブもチームに加入することになり、そこから3人の運命は思わぬ方向へと転がっていく。「40歳の童貞男」のスティーブ・カレルがコメディ演技を封印し、心に闇を抱える財閥御曹司役をシリアスに怪演。メダリスト兄弟の兄をマーク・ラファロ、弟をチャニング・テイタムが演じた。  画像・解説 映画com.より


最初から最後まで不穏な空気が漂う独特の映画でした。
オリンピック金メダリストが登場するのに暗い。とても暗い。

母親に行き過ぎたコンプレックスを持つ富豪が(ジョン)
兄にコンプレックスを持つレスリング金メダル獲得兄弟のうちの弟(マーク)を手に入れ
行過ぎた行動からマークが離れていったのをきっかけに兄弟の兄(デイブ)を突如殺害する映画です。

母親に認められたい一心なのはすごくわかる。けど。
これは極端な例ではありますが、こういう気持ちを持ってる人、案外いるんじゃないかと思いました。
母に認められたい一心=それにずっと支配されてるんですよね。
だから、マークを手に入れ、マーク自身とレスリングチームを支配しようとし
さらにはその兄のデイブまでも支配しようとする。
マークはその場から逃げるしかできないんですよね。
破格の金額でここまでしてくれたという気持ちもあるでしょうし。
でもデイブはちがう。そもそも最初の誘いは断ってて、
だめになってくマークのことが気になってか、後にチームに加わる。
そして、こいつヘンだなって気がつく。(まぁ、普通はそう思うよね)
ジョンをたてようとしてもその気持ちがやっぱり端々に出ちゃう。

そこ。端々にでちゃうのをジョンは気づいたんでしょうね。
支配されていた母親の死が加速させたのか
自分に歯向かう(表向きはそうじゃない)デイブを許せなかった。

これ、実話ですからね。なんともいえない気持ちになりました。


スティーブカレルは本当に不気味でこの主人公をすごく表現していたと思うし
マークラファロは人間味あふれて賢いデイブにぴったりで(ジョンと正反対)
チャニングテイタムは少々間抜けでレスリングしか脳がない(言いすぎか)雰囲気で
役者はとてもよかったです。
でも暗い。


スティーブカレルなら「ラブアゲイン」(これしか見てない・汗)
マークラファロは・・・いろいろありすぎるけどアベンジャーズやキッズオールライト(この映画おススメ)
チャニングテイタムなら「マジックマイク」「ホワイトハウスダウン」
なんかのほうがおススメ・・・とはいっても
これたらとはまったく違う雰囲気で演じられる俳優ってすごい!






スティーブカレルもマークラファロも、こんなになっちゃうメイクってすごいですね。
マークラファロなんて「ハルク」だし!



Follow @chikap_11

twitter

ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

Top▲ | by chikap11 | 2015-02-27 19:41 | くらし
<< 映画「アメリカンスナイパー」 | ページトップ | アップルスパイスケーキ >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin