人気ブログランキング |
Top
タグ:映画 ( 91 ) タグの人気記事
Top▲ |
今月劇場で観た映画2本覚え書き

e0181891_1504490.jpg

砂漠の国イエメンに、鮭を泳がせて釣りをするというプロジェクトの顧問を頼まれ、水産学者のアルフレッド・ジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)は呆れていた。依頼人は、イエメンの大富豪シャイフ(アムール・ワケド)。英国外務省の支持も得ているが、荒唐無稽であることに違いはない。だが実は、中東情勢が悪化し、首相広報担当官のマクスウェル(クリスティン・スコット・トーマス)が、英国への批判をかわすための話題作りに“イエメンでの鮭釣り”を選んだのだ。しかも、雨季の水を蓄えた地層を見つけたシャイフは、人々の生活のために砂漠に水を引く長期計画を実行、既にイエメンにはダムが完成していた。プロジェクトに専念しないとクビだと迫られたジョーンズは、科学者としてのプライドと家のローンとの間で揺れるが、給料が倍になると聞いて承諾。北海で鮭を1万匹捕まえ、世界最大の輸送機で生きたまま運ぶ。費用は5000万ポンド……どうせ実現不可能だからと、思いつきのホラ計画をペラペラと話すジョーンズだったが、窓口であるフィッツハリス&プライス投資コンサルタントのハリエット・チェトウォド=タルボット(エミリー・ブラント)は「さっそく取りかかりましょう」と微笑む。だが新チームを組むことになったこの二人には、私生活に心配事があった。ジョーンズの妻は以前から仕事にしか関心がなく、夫婦は機械的な結婚生活を送っていた。一方、ハリエットは、つき合い始めてまだ数週間の軍人のロバートが中東に派兵。それぞれの悩みを胸に秘め、シャイフと面会するためにスコットランドの城へ二人は向かう。金で買えないものはないと考える不遜な男と思いきや、シャイフは大富豪である前に人間味に溢れた一人の釣り人だった。竿を手に共に川へ入り、率直に語り合ううちにジョーンズは彼に共感と敬意を抱くようになる。だがそんな時、ロバートが戦闘中に行方不明になったという報せが届く。会社を休み、家に閉じこもり、ただひたすら安否の情報を待つハリエット。何度も電話して出社を求めるジョーンズのメッセージにハリエットは傷つきイラ立ち、突然、訪ねてきたジョーンズに怒りをぶつける。ところがジョーンズは心配して手作りのサンドイッチとワインを持ってきただけであった。ジョーンズの冷たく聞こえる言葉の陰に隠れた不器用な真心に気付くハリエット。そしてジョーンズは、彼女へのビジネスパートナー以上の想いに気付き始めていた……。 画像映画com.あらすじgoo映画より

砂漠でサーモンフィッシング。
ユアン、かわいい。素敵。
お話はありえないでしょ!ってものではありますが、年末の気ぜわしいときにサラッと見るには良い加減。
信じる力・・・信念とか自分を信じるとか諦めないとか
たとえ結果が思うようなものでなかったとしても、
それが導き出す道は決して間違っていないし、無駄なんかじゃない。
ちょいちょい笑えるところもあって、気持ちよく見られる映画でした。
景色もとっても美しい!イギリス映画、好き。
そしてユアン、やっぱ好き。上手いんですよね、すごく。普通の人を普通に演じられる。
ちなみに年末になんとなく見たくなるユアンの映画はブラス!です。


e0181891_1521162.jpg

ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は、ヴァンパイアのエドワード(ロバート・パティンソン)と結婚、自らもヴァンパイアとなることでカレン家に加わった。一方、ベラの幼馴染で彼女に恋していたジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)は、ベラとエドワードの子・レネズミ(マッケンジー・フォイ)こそが、オオカミ族に伝わる“刻印”(=運命)の相手だと悟る。永らく続いたヴァンパイアとオオカミ族の争いは終わり、ようやく平穏に暮らせる時が来るかに思えたが、3000年生きるヴァンパイアの王族ヴォルトゥーリ族は、レネズミが全てのヴァンパイアを滅ぼすといわれる伝説の存在“不滅の子”であると判断、カレン家の抹殺に乗り出す。“不滅の子”とは、人間の子供が転生したヴァンパイアのことで、抑制の効かない危険なヴァンパイアとされる。ヴォルトゥーリは代々“不滅の子”を見つけては抹殺を繰り返していたのであった。しかしレネズミを産んだ時、ベラはまだ人間だったため、レネズミは正確には人間とヴァンパイアの両方の特性を持つハーフ・ヴァンパイアだった。カレン家は「レネズミは“不滅の子”には当たらない」とヴォルトゥーリの説得を試みるが失敗、ヴォルトゥーリとの決戦は避けられない状況となる。やっとつかんだ小さな幸せを守るため、カレン家は世界中のヴァンパイアを集めオオカミ族も加えた集団を結成、ヴォルトゥーリ族との対決に備えるのであった……。 画像映画com.あらすじgoo映画より

トワイライトサーガ・ブレイキングドーンパート2。最後はやっぱり映画館で。
原作も読みましたが、ラスト付近・・・こうだったっけ!?
大筋はあってると思うけど。
これこそありえないファンタジー。
どなたかがレビューで書いてらっしゃいましたが、これはそう、ベラの成長物語なのですよね。
ふりかかる困難に立ち向かい、その都度自分で決めた道を迷わずに進んでいく。
こういう自分で未来を切り拓く女性はいいですね。そういう面も含めて、ヒットした作品なんだと思います。(日本ではそうでもないかもですが海外には熱狂的なトワイライターが)
小説もおもしろいです。お正月休みに何か・・・というときにオススメ。

長いお休みはシリーズ物を見るチャンスかもしれませんね。
私のオススメシリーズ物は(というほどたくさん見ていない・汗)
まずバットマンシリーズ。ビギンズ、ダークナイト、ダークナイトライジング。すごく好きですね。
侮れないのはハリーポッターシリーズ。
これはねぇ、子供向けと思うでしょう?そんなことないですよ。
だまされたと思って。ぜひ。私も全く興味がなかったのに同僚ちゃんに勧めてもらって、好きになりました。
トワイライトのエドワード(ロバート・パティンソン)が4作目かな、炎のゴブレットに出演していますよ。


お正月のうちに007を観にいこうかな・・・
録画も大変たまっておりますが。
1月公開ではまずテッド。これは絶対にみます。コメディ好き。
あとはできればルーパーも。ジョゼフゴードンレヴィットが好きなので。
1月のWOWOWでは、まず6日の宇宙人ポールがおすすめ!




ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-12-31 15:29 | くらし
人生の特等席を観ました

e0181891_14221530.jpg

2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による視力の衰えを隠せず、その手腕に球団フロントが疑問を抱き始める。苦しい立場のガスを、長年離れて暮らしていたひとり娘のミッキーが手助けすることに。父と娘が久々に対じすることにより、秘められた過去と真実が明らかになる。「マディソン郡の橋」(1995)以来17年にわたり、イーストウッドから映画製作を学んだロバート・ローレンツがメガホンをとり、イーストウッドが自身の監督作以外で俳優に徹した主演作としては「ザ・シークレット・サービス」(93)以来19年ぶりとなった。撮影のトム・スターン、美術のジェームズ・J・ムラカミら、イーストウッド組のスタッフが集結。共演にエイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイクら。画像・あらすじ映画com.より

人生の特等席を観ました。

年老いていく親、自身のキャリアアップ、恋人との関係・・・
どれも大切で、どれを優先すべきかっていうのは、そのときの状況で判断しなくちゃいけない。
それなりの年齢になったら、誰もが経験することだよね。

親も子も、それぞれに対するそれぞれの気持ちがあって。
だけどそれを言葉にするのは簡単ではないし、
親子だからといってお互いの気持ちは一生理解できないんじゃないかと思ってる。
血のつながりって、どうやったって切れないから、結構めんどくさいもの。

この映画は父一人子一人のガスとミッキーが
そのめんどくさい関係をガスの目の病気をキッカケにぶつけ合って、
それぞれの道を前向きに進む物語。
エイミー・アダムスって特別の美人でもないから(失礼!)
こういう実際にありそうな物語に向いているのかも。自分だったら、とか考えやすいというか。

肩を壊したことで夢途中で破れ、スカウトマンとして再起してる(失職するけど)ジョニー、
ガスの手助けのために仕事をしばらく離れ、キャリアアップの機会を逃すミッキー、
それから期待の星として入団した新人君の失態(?)で
人生っていいことばっかじゃないってことを表して、
ミッキーが連れてきた無名の新人やガスとミッキーの立場大逆転劇で、
人生には突然チャンスが訪れたり、努力で報われることもあるんだよと表している。

人生の特等席かぁ。
人から見てどうとかじゃなく、自分自身が居心地がよくて好きだと思えたら
そこが‘特等席’なんだね。
心の壁をとって。誰かと本当に向き合うことができたら。
そのときに見つかるのかも。

野球が好き、またはよく知っているほうが、楽しめる映画だと思います。
劇的に何かが起こるわけじゃないし、淡々としたストーリーだから
すっごいおもしろいー、ドキドキしたわー みたいなのはないけど、
今までの自分を振り返ったりこれからの人生についてぼんやり考えるような年代・・・
大人向けの映画です。
実際、観客の年齢層すごく高かった!


好きなシーンはラスト近くにミッキーがポイッと球場のゴミ箱に携帯を投げ捨てるとこ!
あんなことやってみたい(笑)
潔い人、好きなので。



ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-11-24 14:53 | くらし
ステイ・フレンズを観ました(録画)

e0181891_13333495.jpg

「ソーシャル・ネットワーク」のジャスティン・ティンバーレイクと「ブラック・スワン」のミラ・クニス主演で男女の友情と恋愛の本音をつづるラブストーリー。ニューヨークでヘッドハンターをしているジェイミーは、ロサンゼルスのアートディレクター、ディランを転職させるためニューヨークに招く。多くの恋愛に失敗してきたことで恋愛そのものを楽しめなくなっていた2人は、互いに価値観が似ていることから意気投合。そのまま恋愛感情なしのセックス・フレンドになるが、次第に2人の関係に微妙な変化が表れ……。 画像・あらすじ映画com.より

昨年劇場へ足を運ぶタイミングを逃してしまったこの映画。
WOWOWで放送があり観ることができました。

面白かった!
最初から結末の予想はつくし、ドタバタラブコメではありますが
こういうのキライじゃない。っていうか好き(笑)
わかりきっているけど、もどかしい感じとか
あと家族の描き方などもね。なかなか素敵なのです。

ジェイミー(ミラ・クニス)みたいな女の子ってとっても魅力的。
男勝りではっきりしている面を持ちながらチャーミングで。
ハツラツとしてて、見ていて気持ちがいい。
ミラ・クニスって好きな顔だわぁ。ちょっとエキゾチックな雰囲気があって。
ディラン(ジャスティン・ティンバーレイク)は
お父さんとの関係のとこ・・・すごくよいと思った。

サラッと見られて、最後はハッピーエンド♪
私は好きな映画でしたよ!

さて、昨日は「人生の特等席」を観てきました。(ジャスティン・ティンバーレイクつながり!?)
こちらはまた今後^^






ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-11-24 13:51 | くらし
アルゴを観ました

e0181891_15313716.jpg


1979年11月4日、イランの過激派がアメリカ大使館を占拠する。混乱の中6人が脱出しカナダ大使の私邸に逃げ込むが、残った52人の大使館員は人質となる。イラン側は、癌の治療のために渡米した前国王パーレビの引き渡しを要求する。大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッダーにかけていたが、名簿が復元されれば脱出者がばれ、捕まれば処刑される。国務省はCIAに応援を要請し、人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が呼ばれる。トニーは、6人をニセ映画のロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げて出国させるという作戦を閃く。トニーの知人で特殊メイクの第一人者、ジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)は協力を快諾する。チームに参加した大物プロデューサーのレスター(アラン・アーキン)は、自宅で山積みになっているボツ脚本から、イランでの撮影に相応しいSFアドベンチャー『アルゴ』を選び出す。事務所を立ち上げ、大々的な記者発表を開き、本物さながらのプロジェクトが始まる。一方、イランでは200人以上の民兵が空港を監視していた。1980年1月25日、プロデューサー補に扮したトニーはイランへと向かい、文化・イスラム指導省で撮影許可を申請した後、カナダ大使邸に入る。6人は計画に反発するが、それぞれの役柄を暗記する。翌日、ロケハンを許可した指導省が、バザールで担当者と面会するよう要求してくる。トニーは怖気づく大使館員を説得して連れ出し、何とか乗り切る。しかし翌日、トニーの上司オドネル(ブライアン・クランストン)から緊急電話で、計画の中止が告げられる。軍による人質奪還作戦が決定したのだ。航空券は取り消され、ハリウッドの事務所は閉鎖される。トニーは6人に黙ったままホテルに帰る。翌朝、トニーは電話で、6人を出国させると上司に宣言する。しかし作戦の復活には、カーター大統領の承認が必要だった。一方、大使館名簿の復元もあと数分に迫っていた……。 画像映画com. あらすじgoo映画より

「アルゴ」を観ました。

人質救出にニセ映画を使う!?記者発表やスタジオまで!?
これが実話だってことにまず驚きます。
あと、政治的な反発で国民がこんな風に動くことにも。日本では考えられないもの。

面白かったですよ!
実話なので無事6人が出国できたことはわかっていますがすごい緊迫感で。ずっと。
やだ、どうなっちゃうのとか思うんです。成功するのに。
今の日本では起こりえないこと(大使館占拠だとかクーデターだとか)が
実際に起こったんだということに恐怖感があり、
なおさら最後までハラハラして緊迫感に包まれていたのかもしれません。

エンドロールで、実際に救出された6人ご本人たちの写真が出てびっくり。
演じている俳優さんとよく似ていらっしゃるんです!
似てる俳優さんを選んだのかな。そういう面でも楽しめました。

監督兼主役のベン・アフレックがよいです。顔も好き。(そこ)
アメリカ人だけどスコットランド系なのね。そっち系に弱いので。ユアンとか。

最後までドキドキハラハラ、スピード感があって楽しめる映画です!






さてさて。
毎日なんだかんだと出歩いていましたので、
あっという間に連休半分過ぎちゃったなぁとややしょんぼり(笑)
でもでも映画に舞台に、そして明日から始まるフィギュアスケートNHK杯。
大変充実しています!プチ大掃除を済ませたのが大きいわぁ
今日はお菓子の試作をしていました。焼き上げる大きさを変えてみたり
加えるものを変えてみたり。変えてよかったものもあればそうでないものも。
型や大きさを変えると、口に入れた感じも変わります。火の入り方が違いますしね。
今とても気に入っている配合の生地があって。
この生地を元に、いろんな種類を作るのもいいかも!などとワクワクしています。
それらのお菓子のことはまた改めて^^





ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-11-22 16:02 | くらし
任侠ヘルパーをみました


e0181891_102304.jpg

指定暴力団「隼会」を抜け、堅気となった元極道者・翼彦一(草なぎ剛)はコンビニで働きながら細々と暮らしていた。ある日、金に困って強盗に入ってきた元極道の老人・蔦井雄三(堺正章)を見逃したことから刑務所送りになった彼は、獄中で蔦井と再会。元極道であることの生きづらさを感じていた彦一は、出所後、その老人のツテを頼って「極鵬会」組長・朝比奈道俊(宇崎竜童)を訪ね、そこで再び裏の仕事に手を染め始める。その仕事は、老人相手の闇金とその闇金で破産した老人たちを「うみねこの家」という老人介護施設に入れ、生活保護や年金をせしめることだった。なんの設備もなく、悪臭漂う最悪の環境の中で生活する老人たちを見ながら、最初は淡々と仕事をこなしていた彦一だったが、次第に老人を食い物にする状況に苛立ちが募るようになっていく。そして遂に彦一は「うみねこの家」の立て直しを決意。だが、貧困ビジネスを目の敵にする市議会議員・八代照生(香川照之)と、老人を金づるとしか思わず、施設の改善など意に介さない極鵬会が彦一の前に立ちはだかるのだった……。あらすじgoo映画より

ドラマの続編ではないです。
もちろん彦一の過去はドラマからつながってはいます。
住むところも仲間もなく、より一層孤独で粗暴で、
でも弱気を助け強気をくじく任侠道を心の奥底に沈ませている。
そんな彦一を軸に、現実社会に存在しうる老人問題、介護問題、差別、
政治と暴力団との癒着・・・それらを観ている人に考えさせるものでした。

つまるところ、きれいに解決はしないんですよ。これはドラマでもそうでした。
そのあたりを観客にゆだねる、または投げかけるというのでしょうか。
この物語を通して、現実を知る。
彦一、女でひとつで子供を育て母親を介護する葉子、劣悪な施設に放りこまれている老人たち。
それを食い物にする暴力団。
居場所がないとか、自分の置かれた環境に対する疑問をもっていたりだとか、
親が年老いているとか、組織の中では長いものに巻かれなきゃいけないとか、
観客が抱える気持ちによって登場人物それぞれに気持ちを重ねるような映画かもしれない。

誰もが自分自身の任侠道を持っていて、だけどそれを実行できることなんか少なくて
だからこそ、自分の身を捨てる覚悟で己の道を貫く彦一が、とても魅力的なんだろうと思う。
バカで粗暴で、ずるくてせこいのに。ここってとこは少しもブレない。
本当に粋でかっこいい男なんだよね。
男の人が憧れる男っていうのかな?
女にとっても、ちょっとダメなとこがあった方が魅力的なんじゃないかな。

葉子はヤクザの娘だってことで辛い思いをしてきたんだよね。
どうでもいいことや本人とは関係ないことで、差別したりされたりってある。
家族を守るために何でもしなきゃならなくて、
その環境を恨みたいことだってあるかもしれないのに、自分が犠牲になるしかないことだってある。
だって生きていかなきゃなんないんだもの。
そして守らなきゃならないことや人ができたら、手にしているものを捨てる覚悟が必要なことだってある。
あと、年をとって例えば自分がわからなくなったとしても、
それでもその人はその人で、その人でありつづけたいとどっかで思ってるんじゃないかなって感じました。
それぞれの役割や楽しみを見つけていきいきとしていくおじいさんおばあさんをみてそんな風に思いました。

たとえ解決しなくても、意思を何らかのかたちに表すことができたら。
自分の置かれた環境で、生きていく希望を見つけられたら。
自分の居場所を、見つけることができたら。

観終わった後はきっと、そんな風に少しの希望と爽快感を感じると思います。


ツイッターや試写の感想、特に映画関係者の方たちに好評で、
その好評さ加減がかえって心配だったりしたのですが、心配は無用でした。
ぜひたくさんの人に観てもらいたい。オススメの映画です。
草なぎさんの作品だからって人に勧められるものばかりじゃないから。
胸を張って「ぜひ、観て」と言えるのは映画、ドラマ共に「任侠ヘルパー」だけです。
僕シリーズもありますが、私が押すのは断然コレ。
そう、草なぎさんの作品ではあるけれど
「翼彦一」の映画であり、ドラマなのですよね。

1000円のときでいいです。サービスデーでオッケー。
ぜひ劇場でご覧になってみてください。





上演中の舞台でも共演している香川さん。
すごいです。この方が全部持ってってる感じ。
安田成美さんはきれいでかわいくて、だからこそ苦労してる様子が際立ちます。
施設のおじいさんおばあさんも素晴らしくて。
大河内教授、もとい品川徹さんとかね、ほんと上手い。
宇崎竜堂さんのなんともいえない親分っぷりもすごいの。
そう、出てる人みんなすごいの!みんながそこにピタッとはまってるんですよ。
それが一番のすばらしいところです。

私が思わず涙したのは、彦一と成次の場面です。
子分がそう言ってっからよぉ、のところ。
男同士の友情とか仲間意識にものすごく憧れがあるので。

あと草なぎさんファンとしてのツボは、
ラストのヘンな帽子とコート姿です。
片目がギラギラしてて矢吹丈かと思っちゃった!




ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-11-21 10:32 | くらし
今月のWOWOW注目作や観た映画のことなど


今月のWOWOWでチェックしているもの。
数は少ないですが、劇場で見逃したものやDVDスルーで日本公開がなかったもの、
見たかったものがあるので嬉しい!

10月14日(日)小悪魔はなぜモテる?(原題 Easy A)
10月20日(土)マネーボール(劇場鑑賞済み)
10月21日(日)ラブアゲイン

映画じゃないけど
10月12日 11:45~映画任侠ヘルパーのすべて(男気編)
10月19日 4:15~ 映画任侠ヘルパーのすべて(人情編)


アメイジングスパイダーマンでヒロイン役だったエマ・ストーン主演のEasy A。
こういうおバカコメディー、なんで日本で公開しないのかなー
ハングオーバーが公開されたのが逆に不思議って感じなのかしら?
DVDスルーになって残念だったのでとても楽しみ。コメディー好き!

ブラピ主演のマネーボールは昨年劇場鑑賞済み。
実話なのでわりと淡々と物語が進みます。野球を知らない、または興味がない方には不向きかな。
野球が好きな人(私も含めて)にとっては、
日本のシステムとはまるっきり違うと感じる大リーグの裏側が見られるので
なかなか興味深いものです。弱小チームがどうやって強くなっていくのか?
心温まるラストがよかった。

ラブ・アゲインは近くで上映していなかったので鑑賞できなかったもの。
これはヒューマン・コメディー??ロマンティック・コメディー??かな。
観たい!と思った作品なのでとても楽しみー!


そして任侠ヘルパーのすべて!!これちょう楽しみ!
いよいよ11月17日に公開される映画版「任侠ヘルパー」
ドラマとはキャストも変わり、ドラマを見ていない方でも楽しめる内容になっているそうです。
何度か書いたことがありますが、私は草なぎ剛さんの大ファンですが
彼の作品すべてが手放しで絶賛、というわけではないです。
この任侠ヘルパーは、草なぎさんだから・・・ではなく
ドラマそのものが本当によく出来ていて、題材、キャスト、すべてにおいて素晴らしいと思っています。
うちのオットも公開を楽しみにしている一人。
この彦一って人は、男が憧れる姿なのかも。
弱気を助け強気をくじく。任侠道って今も昔も男の憧れなのかなーなんてね。



先月観た映画覚え書き

・あなたへ
健さんファンを思われるご年配の皆さんに囲まれての鑑賞。
生きるってつらくって大変なんだ。それでも、生きていかなきゃなんない。
つらいことも楽しいことも、全部人生。そんなことを思う映画でした。
大滝秀治さんの最後の出演作を観ることになってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

・最強のふたり
フランス映画らしく、サラッとほんのり心があったまる映画です。
わたしはこんなふうにいつでも誰にでも同じように接することができるだろうか、
ふとそんなことを思ったり。
粋なユーモアあふれる作品ですので、少し気持ちが弱ってるときなど元気になれるんじゃないかな。

・踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
これはもう、王道のエンタメ作品。普通に、っていうと言い方がアレだけれど
誰が観てもいつ観ても楽しめるんじゃないでしょうか。
観る人を選ばないっていうのは、それだけで良さになると思ってます。




ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-10-07 14:32 | くらし
ダークナイト・ライジング ~伝説が、壮絶に、終わる~

e0181891_12401639.jpg



なぜ落ちるのか。這い上がるためだ。
バットマン・ビギンズでブルースに父がかけた言葉がここで改めてよみがえってくるのだね。
これは3作通して1本の映画なんだと思いました。
前作「ダークナイト」があまりに壮絶で素晴らしかったからそれと比較すると、
前作の方がと思ってしまうのもいたしかたない。
でも、3作通して、一つの作品だから。上映時間の長さを少しも感じない素晴らしさでした。


バットマンは、ダークナイトあくまで闇の騎士。
そして善と悪。光と闇。それは表裏一体だということいやおうなしに見せ付けられる。
そこが、このシリーズの人気の秘密だと思うし、
わたし自身もこの単純なヒーローものじゃないところが大好きな理由だから。
またCGで映画を作ることが多くなっているこの頃、
ダークナイト・ライジングは実写にこだわって作られています。
あのラグビー場の爆破シーンもCGじゃない!そこも見ごたえがある要因でしょう。


どん底から這い上がるには、万が一のときの何かを持っているようじゃダメなんだ。
命綱なんかいらない。そうじゃないと本当に這い上がって光を掴むことはできない。
精神的にも肉体的にもどん底まで打ちのめされても、
大切な人、大切なものを守るために戦う。それがすべて。
バットマン=ブルースとともに、痛みを感じ戦うような気持ちで見ました。



伝説が、壮絶に、終わる。
今後、もっとも印象的な映画として私の中に残ることでしょう。
素晴らしいシリーズでした。
ありがとう。





ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-09-17 13:03 | くらし
今月の観たい映画など


9月のウォウウォウ、いえWOWOW注目作品。

ゴーストライター 6日 午後3:30 *劇場鑑賞済み 
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 9日午前11:00
カンパニー・メン 9日 午後9:00
モンスター上司 14日 午後9:00
フェア・ゲーム 15日 午後1:00
パーフェクト・センス 16日 午後11:30 *劇場鑑賞済み
ステイ・フレンズ 17日 午後2:30
マージン・コール 28日 午後9:00
フェイス・オフ 29日 午前11:00 *DVD鑑賞済み
シャロウ・グレイブ 30日 午後6:50 *DVD鑑賞済み 
トレイン・スポッティング 30日 午後10:50 *DVD鑑賞済み
127時間 30日 午後9:00

今月は注目作品がたくさん!
鑑賞済みでないものは劇場鑑賞を逃したものばかりなのでちょう楽しみ!
127時間に至ってはギリギリまで悩み、やっぱり例のあのシーンに耐えられる自信がなく断念。
(録画なら早送りしたり音声消したりできるもんね)
でもって何気にユアン祭り!この他にムーラン・ルージュもありますし(ミュージカル得意じゃないけどこれは好き)
公開当時爆発的人気だったトレスポは音楽とあいまって良いですが(観る人を選びそうですが)
同じダニーボイル監督作品なら若干チープな雰囲気だけどシャロウ・グレイブの方が私は好き。
ゴーストライターは昨年劇場で観て、すごく良かった作品。ユアンファンになったキッカケです。

昨日は「あなたへ」を観てきました。
あと観ると決めているのは踊るファイナル。

それからやっぱり・・・ダークナイト・ライジングを再見してしまうかもー
このシリーズ、本当に好きなので。





ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-09-02 11:24 | くらし
観た映画の記録とこれから観たい映画のことなど。


先月後半、3月上旬のシャーロックホームズ・シャドウゲーム以来映画館に足を運びました。
たまたま時間が合った「ジェーン・エア」そしてWOWOWで録画しておいた「わたしを離さないで」と「X-MENファーストジェネレーション」。
やっと映画を観る気持ちになれたというか、そういう気持ちの余裕ができた、ということかな。
たまたま3本とも「自身の存在意義」というようなものがポイントのものでした。
どんな境遇でも自分に誇りを持ち、信じた道を進んでゆく。
‘生まれたときから決まっていた運命’を受け入れながらも一人の人間として生きてゆく姿。
いわゆる‘普通’とは違う特殊能力や姿を受け入れ、どう使い、生きてゆくのか。

e0181891_14403274.jpg

両親を亡くしたジェーン・エアは、引き取られた伯父も亡くし、その妻と息子のいじめに遭う。寄宿学校では教師たちから虐げられるなど孤独で不遇な幼少時代を経て、ジェーンは前向きな心と自由な生き方を追求する。学校卒業後、ジェーン(ミア・ワシコウスカ)はソーンフィールド館の家庭教師となる。屋敷の主の姿を見ぬまま3カ月が経ったある日、見知らぬ男の馬を驚かせて落馬させてしまう。その男こそ、屋敷の主ロチェスター(マイケル・ファスベンダー)だった。気難しげなロチェスターはジェーンに横柄な質問を投げかけるが、ジェーンはありのままに素直に答える。深く知りあううちに、互いの感性や人間性に惹かれあう二人。そしてロチェスターはジェーンに求婚、彼女もそれに応える。幸せの絶頂にあった結婚式の当日、ジェーンはロチェスターには屋敷に幽閉された妻がいることを知る――。 画像:映画com. あらすじ:goo映画

ジェーン・エア。今をときめく(?)ミア・ワシコウスカとマイケル・ファスベンダー主演です。
画像は巧みに誘うロチェスターに「仰る意味がわかりません」とピシャッとジェーンがいう場面。
全体的に暗く、感想としてはまぁ普通。
ですが、暗さを含みながらもとても美しいイギリスの景色と女性と男性が対等でない時代背景や
その時代の衣装などは興味深いものでしたね。


e0181891_1441217.jpg

寄宿学校「ヘールシャム」で学ぶキャシー、ルース、トミーの3人は、小さい頃からずっと一緒に暮らしている。外界と隔絶したこの学校では、保護官と呼ばれる先生の元で子供たちは絵や詩の創作をしていた。18歳になり寄宿学校を出て農場のコテージで共同生活を始めた彼ら。やがてルースとトミーが恋を育むようになり、キャシーは孤立していく。その後、コテージを出て離れ離れになった3人は、逃れられようのない運命に直面する事に…。 画像:映画com. あらすじ:goo映画

わたしを離さないで。来週こそ観に行く予定のアメイジング・スパイダーマン主演のアンドリュー・ガーフィールドが出ています。
ごく普通に暮らし、恋もし、成長していく中で突然自分の‘役割’を知ったら?
うーん、考えさせられる映画です。ありえない話ながらありうる話かも、と思ったりもするし。


e0181891_14414979.jpg

1960年代。裕福な家庭に生まれ、名門大学に通うチャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)は、強力なテレパシーを使うことができるミュータントだった。チャールズは、自分と同じような特殊な能力を持つ者の存在に気付き始める。そんなときに出会ったエリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)は、強力な磁力を発生させ、あらゆる金属を自在に操る能力を持っていた。エリックはナチスに母親を殺され、復讐を誓いひとりで生きてきたという過去があった。ミュータントの能力を使い、人類と闘うべきか共存するべきか異なる信念を抱いていた2人だったが、友情を深める。やがて2人は世界各地のミュータントを仲間として迎え入れていく。しかし、戦時中にエリックの母親を殺した元ナチスの科学者セバスチャン・ショウ(ケヴィン・ベーコン)が、ミュータント集団“ヘルファイヤークラブ”を結成し、恐るべき計画を実行に移す。チャールズとエリックはその野望を阻止しようとするが、彼らの友情の絆は引き裂かれ、チャールズはX-MENを設立するプロフェッサーXに、エリックはミュータント・テロリスト軍団“ブラザーフッド”の首領マグニートという、反する道へ進んでいく。画像:映画com. あらすじ:goo映画

X-MENファーストジェネレーション。これまでのX-MENシリーズは観ておらず、これが初めて。これもマイケル・ファスベンダーが出てます。
こういう物語は特殊能力を個性に置き換えて観る事もできますね。
人と違うことについて。持っている自身の力(個性)の使い方について。
感想はまぁ普通ですけれども(また!)続編製作が決まってるようなので一応観ようかな~
そうそう、ここまでのシリーズに出演しているヒュー・ジャックマンがチラッと登場します。


今月劇場で絶対観たいのはダークナイト・ライジング!!
e0181891_17434748.jpg

ず~~~~っと公開を楽しみにしていました。
バットマン・ビギンズ、ダークナイトときて、このシリーズはこれで最後かと思うと残念ではありますが・・・
勧善懲悪なんだけど、それに伴う痛みや闇までもが描かれているのが人気の秘密ではないかな。
ジャパンプレミアや先行試写に申し込みしてます。当たったらうれしいな~~

WOWOWではソウルキッチン、クロエ、マイティー・ソー、ハルクあたりを。
マイティー・ソーとハルクは来月公開アベンジャーズの予習として。


さて先日映画版「任侠ヘルパー」の主題歌や撮影シーンが公開されました。
わたしは剛くんファンだけど、剛くんの作品すべてがすばらしい出来!剛くんだからこそ!と思うわけではないです。
そんなわたしがこの「任侠ヘルパー」は、連ドラもSPもファンじゃない人にもすばらしいよ、と胸を張って言えます。
彦一は、剛くんしか出来ないと思う役柄。スクリーンで観られるのはとても嬉しいです。
11月17日公開です。
来月公開高倉健さんの「あなたへ」の出演、昨日公式発表になった「中学生円山」の主演、
映画出演が続くなー。「中学生円山」はコメディらしいので楽しみ。
剛くんは‘いい人’っていうパブリックイメージとは違う役柄でこそ本領発揮できると思ってるのでね。


あらあら、映画の話からどんどん脱線してしまいましたね^^;
では引き続きよい週末をお過ごしくださいね!

ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-07-07 15:27 | くらし
5月のWOWOWとか映画とか


5月のWOWOW放送予定で気になるものをチェック。

2日(水)10:00 スクールオブロック☆
5日(土)0:00 クローサー
5日(土)22:00 ブラック・スワン
12日(土)11:00 P.S.アイラブユー☆
12日(土)21:15 ハリーポッター死の秘宝パート2☆
19日(土)21:00 X-MEN ファーストジェネレーション
21日(月)17:00 恋は邪魔者☆

☆は劇場またはDVDで鑑賞済み

「スクールオブロック」ロック好きにはたまらない!超オモシロイ学園サクセスムービー。
「P.S.アイラブユー」涙を拭くバスタオルを準備して。ラストはグッと前向きになれます。
「ハリーポッター死の秘宝パート2」所詮子供向けファンタジーでしょ、と
見る気にもならなかったのに同僚ちゃんの勧めで見たらすっかりハマッたシリーズ。
GW中に吹き替え版がシリーズ通して放送されます(字幕しか見てないので雰囲気は??)
食わず嫌いの方がいらっしゃったらぜひシリーズ通してご覧になってみて下さい。
「恋は邪魔者」60年代ファッションも楽しめてサラッと見られるラブコメ。小技が効いてて楽しい!

「ブラック・スワン」と「クローサー」はナタポつながりですね。
話題作だったのに未見のブッラクスワン。(ホラーだって評判だったから・汗)
録画して怖かったら早送りすればいいし(笑)見ます。
クローサーはジュードが出てるので見ようと思ってたもの。ちょうどよかった。

「X-MEN ファーストジェネレーション」まもなく廉価版DVDが発売されるので買おうと思っていたところでした。ナイスタイミング!
アメコミものって興味がなかったんだけど「バットマンシリーズ(ビギンズとダークナイト)」見て考えが変りました。

バットマンといえばクリスチャンベール。
昨日WOWOWで「ザ・ファイター」をやっていたので録画しました。
役作りのために減量だけでなく歯を抜いて髪も抜いたってすごい・・・
クリスチャンベール出演映画で見たことあるのは「ベルベットゴールドマイン」。
これもすごいよ、いろんな意味で。
ジョナサン・リース=マイヤーズとユアン・マクレガーに負けない存在感。
ジョナサン・リース=マイヤーズとジョン・トラボルタの「パリより愛をこめて」もなかなか面白いです。
ジョン・トラボルタといえば「フェイス・オフ」ニコラス・ケイジとの共演作。
これはおもしろいよ。顔を取り替えるって発想もすごいもの。

バットマンシリーズ最終作の「ダークナイトライジング」がIMAXでやることが決まったようで、
これまた楽しみが増えました。音も画質もすごくよいので、高いけれど見たい映画なら損はないです。
「バットマンシリーズ(ビギンズとダークナイト)」好きです。
廉価版のDVD買ってダークナイトライジングの前に復習しようかなと思ってるほど。

つらつらと脈絡なくなってきたのでこの辺で。(やっと終った、と思ったでしょう~・笑)




明日あさってもお休みの方がちょっぴりうらやましくなってきた3連休最終日。
これから犬の抜糸に行ってきます。
お休みの方もお仕事の方も。引き続きよい1日をお過ごしくださいね!





ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日々の‘好き’をつぶやき中!

Top▲ | by chikap11 | 2012-04-30 10:57 | くらし
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin